間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

女子練習会とJチームの1DAYスクールに参加してきたハナシ

日曜日は月に1回の女子練習会。

 

下の子が熱を出したため嫁さんがバイトから帰ってくるのを待ってから見学へ行きました。

 

やっぱり娘は女子だけの中の方が輝いてる。

 

f:id:YSPP:20180330090927j:plain

 

ただ1~3年生でやっていたので球離れが早い娘はパスを出しても返ってくることはほぼない。

 

だから見ている方はあんまり面白くないんだよなぁ。

 

全然パスしなかった去年くらいはドリブルでバンバン抜きまくってたから見てる方は見応えがあったんだけど、これも娘の成長と思って我慢しようと思います。

 

そしてチーム変えをした後、地域でも有名なくらいスーパー女子の2年生の子と一緒のチームになると見応えがありました。

 

まずはその女子のセンタリングを受けた娘がゴール。

 

その後、娘の縦パスを受けたその女子がゴールでアシスト。

 

その後もアシスト未遂がたくさんあったので見ていて面白かった。

 

自分のチームでもそうだけど自己中プレーに走らずちゃんとパスする時はパスしてくれる選手との相性が娘はめちゃくちゃ良い。

 

でも環境的にまだパスしてくれる選手が少ないからあんまり娘のプレーが生きてこない。

 

もちろんどんな環境でも自分で点を取ってバンバンパス出せる選手になれれば理想なんだけど。

 

今のとこパス主体だからあんまり目立たない。

 

外から見ていて思うことはトレセンとかJ下部のチームに入ったりして上手い子とたくさんプレーした方がすごく成長できると思う。

 

早ければ4年からトレセンに入れるっぽいけど去年は4年生いなかったみたいだから受け入れてくれるんかな。

 

そんなこんなで女子練習会も終わり、火曜日にはJ下部の1DAYスクールに久々に行ってきました。

 

私のお気に入りのコーチではなかったし、その日のテーマを娘が理解してないのが見え見えだったので若干イライラ。

 

それでもまぁ楽しんでくれれば良いかって感じで見たり一眼レフで画像を撮ったりしていました。

 

最後のゲームでは男の子相手にドリブルでかわしたり良いパス出したりでなかなかの出来。

 

結局1ゴール1アシストで父ちゃん的には満足。

 

1月は娘の成長を感じ2月はずっとイライラ。

 

3月はまた娘の成長を感じたので4月は順番

的にまたイライラするんでしょうか。。

 

個人的には私の役目は5年生の時に受けるJ下部のチームのセレクションに受かるように持っていく事だと思ってる。

 

そこから先はプロの指導者だし、安心して任せることができる。

 

年長の夏から娘のそばで指導者として色々葛藤してきた3年半。

 

上手くいけば6年生からJ下部に入れるから早くてもあと2年の我慢か。

 

そう考えると頑張れそうな気がするな。

 

何より娘の成長が何より私を支えてくれる。

 

「おいおい。」とつっこみたくなるプレーもまだまだ満載だけど。

 

イライラする事ばっかりだけど父ちゃんはもうちょっと踏ん張ってみようかと思うのであります。