間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

逃げのパスをする娘に迷いに迷った挙句、「ボールを持ったらゴールを見る。」と教えたらプレーが全然変わったってハナシ

土曜日での練習の事。

 

娘は今のところボールを持ったらすぐにパスをする傾向にある。

 

これが逃げのパスばっかりだったら「おいおいちょっと待て。」と物申したいところだけどビルドアップだったりチャンスになるパスだったりするのでそんなに「パスばっかりするな。」とは言ってはいない。

 

もうちょいドリブルしてからパスした方が良くね?っていうのもあるから「何でもかんでもパスじゃにから自分で見てプレーを選んでごらん。」って言ってあるけど。

 

まぁ去年の今頃は全くパスしなかったので成長したんだな~とつくづく思います。

 

そんな娘、相手のプレッシャーが強かったり早かったりするとやっぱり逃げのパスを連発する。

 

サッカー経験者なんかがたまに使う言葉でいわゆる「殺人パス」です。

 

f:id:YSPP:20180320090419j:plain

 

自分はボール取られたくないから取りあえず相手の状況は考えずにパスするからパスされた相手は困っちゃうし大体取られる。

 

もうすぐ小4とはいえこの年代にそれをするなと求めるのもどうなんかなぁなんて思うんだけど。

 

やっぱりミスをするならポジティブなミスの方が良いですよね。

 

だからプレッシャー早いと「パス!パス!」ってなっちゃう娘になんて声を掛けたらよいか父ちゃんはめっちゃ考えたのであります。

 

そして行き着いたのは「ボールを持ったらゴールを見る。」でした。

 

相手のプレッシャーが早いからと言って無条件に「パス!パス!」となってしまうのはサッカーの原理原則から外れますよね。

 

サッカーとは相手からゴールを奪い自分のゴールを守るスポーツ。

 

だから自分がボールを持ったらまず見るのは?と考えた時、一番初めに見なきゃいけないのは間違いなくゴールです。

 

どんなに遠くても相手のゴールががら空きならドリブルもパスもする必要なくシュートを打てば良いだけですしね。

 

だから「ボールを持ったらゴールを見る。」というのを土曜日に娘に教えました。

 

その日ちょいとしつこいくらいに「ボールを持ったら?」と娘に聞きまくった為、覚えてくれたと思います。

 

そして昨日書いた練習試合での事。

 

3本目のBチームのトップ下で出場した時に自チームのキックオフの際、まず娘にボールが戻されます。

 

最初、娘は自分がボールを受けたら無条件にバックへ戻していて、相手のプレスが早こともあり大体取られてました。

 

「後ろに戻すな!」と繰り返しクソジジイヘッドコーチが言っていましたが何回か同じ失敗をした後のキックオフの時、線審をしていた私が娘に「ボールを持ったら?」と聞くと思い出したようにコクンと首を縦に振った娘。

 

それからというものの後ろに戻すことはなくなり、相手を引きつけてからサイドに展開したりトップの選手が良いところにいればスルーパスを狙ってチャンスも作り出します。

 

さっきまでとはまるで別人。

 

もちろんパスミスもしたし、パスした後のフォローがなかったりちょいと雑なパスもあったけど全部ポジティブなミスだから全然オッケー。

 

その辺は後で教えました。

 

自分で書くのもなんだけど私の問いかけ1つでこんなにもプレーが変わるなんてやっぱりコーチングの勉強をしてきて良かったなぁと思えました。

 

昨日も書いたけどこの後も娘は躍動。

 

「逃げのパスはするな!」と言いたかったけど、やっぱり「ボールを持ったらゴールを見る。」と教えたことは正解だったんじゃんないかなと自画自賛

 

だってあれだけプレー変わったんだもん。

 

これからも忘れてたら「ボールを持ったら?」と聞きたいと思うし自分から意識できるようになって欲しいと思う父ちゃんなのでした。