間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

サッカーのトップ下ってやっぱりカッコイイよねって思うワタシ

土曜日は娘のサッカーチームの通常練習。

 

良く覚えてないけど基本イライラしていたような気がします。

 

f:id:YSPP:20180319090801j:plain

 

そして昨日は練習試合。

 

市内でも強いチームで公式戦では毎回メダルを取るようなチームとの8人制での練習試合でした。

 

ちょっと前に5人制の試合をやってチンチンにやられて負けたし、娘も相手のエースに抜かれまくり。

 

「今度練習試合やるからやり返そうね。」って言ってあったけど不慣れな8人制という事もあり正直不安だらけ。

 

なんだかんだで1本目。

 

トップで出場するもいまいちな感じで私のイライラがたまっていきます。

 

2本目も中盤の左で出場していまいち。。

 

こっちは均等に2チーム分けだったけど3本目はABチーム分けにして娘はBチーム。

 

「おい実力的にAだろぉ?あぁん?」って気持ちもあったけどまぁ評価は人それぞれなので。

 

それでBチームのトップ下で出場した3本目。

 

ただでさえ勝てない相手にABチーム分けしたBチームだからさぞかしチンチンにやられるんだろうと思ったけど思いのほか健闘。

 

娘もど真ん中のポジションだから自然とボールが集まってくるしチャンスになるスルーパスも出したり良い感じでパス散らしたり良い感じ。

 

前回抜かれまくってた相手にエースにもほぼついていけてたし攻撃も守備も献身的に走りまくっていました。

 

ここで「あれ?意外とトップ下キャラ?」と驚く私のストレスも軽くなり娘のプレーにワクワクし始めます。

 

結局負けたけど個人的には収穫のあったゲームでした。

 

まぁまだつっこみどころがたくさんあるんだけど。

 

4本目は2バックの右。

 

この日の試合は結局全部負けたんだけど娘がバックで出場したこの試合は始めて引き分けでもおかしくない試合でした。

 

キーパーの子の訳わからないミスで失点したけど相手の攻撃は2バックの2人を中心に良く守れてた。

 

娘は性格的なものなのかどこのポジションをやっていてもディフェンスの意識がやたら高い。

 

だからバックは性に合ってるんだろうけど女の子という事もあり当たり負けが多いからバックをやる事はほとんどない。

 

それでもこの日は強くてテクニックのある相手に良く守れてたと思うので父ちゃんは次第点を与えたいと思うのです。

 

最後は再びAB訳にしてAチームだけ試合。

 

早退とか怪我人とか出たので娘はAチームの右で出場。

 

攻撃にはあまり絡めなかったけど主に守備で貢献。

 

2バックの右の子が頼りないのもあってカバーリングしまくってました。

 

あとはもう少し攻撃に絡めれば良いんだけど。

 

その辺は晩酌しながら娘にボードを使って説明しました。

 

4年生から8人制が多くなるというのもあり次第に8人制の試合が増えてきたんだけど今まで見てて娘のプレーに不安しか感じてこなかった。

 

でも昨日は初めて見ていてワクワクしたし強い相手にとても躍動していた。

 

正直もう少し時間がかかると思っていたので心の底から娘の成長が嬉しかったです。

 

まぁ課題はまだまだ山のようにあるとしてこれからも一緒に頑張っていけたらなと思います。

 

それにしてもトップ下で攻撃に守備に躍動している娘の姿は本当に誇らしかった。

 

Bチームでチンチンにされてもおかしくない試合を娘が味方のチャンスを生み出し、相手のチャンスを潰している姿は本当に恰好良かったし、将来こんな感じでチームを引っ張るトップ下の選手になって欲しいなぁなんて勝手に思っちゃったりして。

 

やっぱり点を取る事が仕事のFWが一番目立つんだけどゲームを作り、味方のチャンスを作り出し自らも点を狙えるというトップ下は花形だと思うし娘にはたくさんの人を引きつけるような選手になってもらいたいと思うのであります。

 

まぁ焦ってあまり先の事ばっかり考えても良くないとは思うんだけど。

 

将来の娘の姿がほんの少し昨日の練習試合で垣間見えた気がして父ちゃんは月曜日からちょっと気分が良いのであります。