間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

サッカーをするのに男とか女とか関係ない

昨日書くの忘れたんだけど。

 

自分のサッカーを切り上げて娘のサッカーチームの最後のゲームを見に行きました。

 

5人制を2試合して1試合目はトップで2試合目はバック。

 

最近調子を取り戻してるというかいい感じに再びなってきたので見ていても楽しいですね。

 

トップでは自らもシュートにいくし無理そうならパスしたりとかチームの為に懸命にプレーしていました。

 

バックでは1回だけエース級の子にぶち抜かれたけど良く守れていました。

 

バックの位置でボールを持った娘がトップの子にスペースに出す絶好のスルーパス

 

それをトップの子が決めて1アシスト。

 

しかも利き足じゃない左足でのスルーパスに見ているこっちが驚きました。

 

後で聞いたら「だって左足の方にボールがあったから。」って普通に答えてたけど小3の子がなかなかできるプレーじゃない。

 

みんな無理矢理利き足使おうとするのがほとんど。

 

かなり親バカだけどそんな娘マジリスペクト。

 

サッカー早めに切り上げて見に来て良かった。

 

そして練習後には男子選手やコーチからバレンタインのお返しの会が行われました。

 

f:id:YSPP:20180314083205p:plain

 

通常は1年間お疲れ様的な会で近くの公園で飲み食いしながらやるんだけど今年は雨で延期なので練習後に。

 

男子選手も「誰渡す?オレ恥ずかしくて嫌だよ!」とか超もめてる。

 

結局、じゃんけんで負けた5人が女子選手5人にホワイトデーのプレゼントを渡していました。

 

じゃんけんで負けた5人ってところが小3男子ですね笑

 

その後、OBコーチからのお返しとその後私達パパコーチからのお返しをプレゼントしました。

 

受け取った女子選手達は早速中身を物色し始めて「あっ!すみっコくらしのタオル入ってる!」とか大興奮。

 

「安いお菓子あげただけなのに何倍にもなって返ってきた!」と下世話な話をする子も。。

 

サッカーでは男子の中で苦しみながら頑張っている彼女たちの笑顔はとても微笑ましいものでした。

 

お当番で来ていた1人の女子選手のお母さんも「女の子で良かったって思えた日だね。」って言ってた。

 

去年もたしか書いたけど。

 

同じサッカーという活動で縁があって繋がっているので男とか女とか関係なしに仲良くやっていって欲しいと心から思う。

 

もうすでに男女を意識するようになっていってるし、これから高学年になるにつれもっともっと意識し合うようになるんだと思う。

 

それは避けられない事だしもちろん悪い事でもない。

 

でも同じサッカーを楽しむ仲間として一致団結して活動していって欲しいと思う。

 

2人組とか3人組の練習とかで女子は「男子と組みたくない。」とはあんまり言わないのに「オレ女と組みたくない。」とかって男子は恥ずかしがって言いがちだけどさ。

 

そうじゃないんだよ。

 

でもバレンタインとかホワイトデーとか男女を意識し合いながらも仲間としてやっていって欲しいですね。

 

そのうち付き合いだすカップルなんて出てきたりして。

 

それで別れてチーム内が一瞬ギクシャクする事なんかがあったりして。

 

もしかしてこのチーム内で将来結婚するカップルが生まれたりして。

 

既に一人の男子が一人の女子選手の事を好きみたいな情報も入ってきているので。

 

そうなったらその時一緒にサッカーしてた私としては嬉しいな。

 

ギクシャクするのは嫌だけど。

 

娘は今、好きな人はチーム内にはいないみたい。

 

リアルに性格が良いので変な男に引っかからずに幸せになってもらいたいですね。(遠い目)

 

おっと話がそれたけど。

 

女子の方がフィジカル的に不利なんだけどサッカーするのに男とか女とか関係ない。

 

お互いの違いを理解し尊重しつつサッカーを楽しめるようになって欲しいですね。

 

まぁ小学生にそこまでは求めないけど。

 

本質はわかって欲しいしこれからも伝えていきたいと思う。