間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

サッカーをすることで得られる喜びや幸せ ~決してお金じゃ買えないもの~

私の上司にタカラジェンヌを孫にもつ方がおりまして。

 

先日、そのお孫さんが舞台をやるというので見に行ってきたという話をしていました。

 

その話を聞いた私の直属の上司が「お前の娘もタカラジェンヌ目指せよ~。」と言ってきたんです。

 

このカス上司は「女子サッカー選手なんか食っていけないんだからプロゴルファー目指せよ。」とか普通に言ってくるモラハラ上司。

 

まぁお世話になってるからこれくらいは別にいいんだけど。

 

このクソ上司は最近孫が生まれて「将来は野球選手かな。最近だと将棋も意外と稼げるから棋士でもいいかな。」と言っていました。

 

まず孫が将来をお金が稼げる職業にさせようとしてる時点でなんだかねぇ。

 

自分の孫ならまだいいけど私の娘の事にまで冗談とはいえ口出してくるなんて余計なお世話でしかない。

 

一発ぶん殴りたい気分です。

 

f:id:YSPP:20180221094958p:plain

 

机が向かいだから目の前にいるけど。

 

私が娘とサッカーを頑張っているのはお金の為なんかじゃない。

 

「サッカーを通して自分で考え自分で行動に移していける」そんな子になって欲しいと思っているからだ。

 

サッカーは自分の目で見て自分で考え判断し行動に移していくスポーツであるし1秒判断に迷えばすぐに状況が変わってしまう。

 

それってサッカーだけじゃなく人生と一緒。

 

誰かのレールに乗っかるのではなく自分で考え自分で行動に移し、色んな困難を乗り越えていって欲しいと思っています。

 

まぁ、きっかけは小さい頃の娘と遊ぶ時に自分も楽しい方が良いなーと思って一緒にサッカー始めたのがきっかけなんだけど。

 

いまだに「女の子がサッカーなんて」みたいな人たくさん見るけど。

 

前にも書いたけどサッカーで史上最強の遊びだと私は思っているので。

 

だからその遊びをするのに男だとか女だとか大人とか子供とか肌の色の違いとかは関係ない。

 

これからも娘とサッカーを楽しみたいと思います。

 

サッカーを楽しむ事で人生を豊かなものにしてもらいたい。

 

もちろん一番上の世界を目指すんだけどそれが無理だったからってダメな訳じゃない。

 

決してダメだった時の言い訳ではなくて、たとえプロになれなかったとしてもサッカーを楽しむ事で幸せな人生を歩んでいってもらいたい。

 

サッカーにはその力があると私は思っているから。

 

サッカーの楽しみ方は色々。

 

プロになって結果を出すのもそうだし、アマチュアで真剣勝負を楽しむのも、気軽にやりたい時にやるのも、やらなくてもどこかのチームを応援するのも、指導者として楽しむのも、その他にだってサッカーを楽しむ方法はたくさんある。

 

嫌いにさえならなければいくらでもサッカーを楽しむ事ができるし、きっとそこにはたくさんの仲間がいてくれることだろうと思う。

 

娘のプレーを見てるとついつい色んな事にイラついてしまうけど、まず一番大事な事は「サッカーを大好きになってもらう事」なハズ。

 

ここ何週間かイライラしっぱなしなので自分への戒めの意味で娘とサッカーをしている理由を書いてみた。

 

あんまり言い過ぎるとサッカー嫌いになっちゃうもんね。

 

私もフットサル競技人生で様々な経験をしてきた。

 

嬉しい事もあれば悔しい事も苦しい事も体験してきたけどフットサル自体を嫌いになった事は一度もない。

 

もちろん自分が活躍して試合に勝った時の喜びはお金では買えない位の高揚感があるけど、私がフットサルを競技として始めた大学4年生の時、初めての幸せを感じることができた。

 

それは「仲間から必要とされ信頼される」という喜びだ。

 

1人の人間として仲間に必要とされるのは本当に嬉しかったし、期待に応えたくなる。

 

のほほんと生きてきた私は大学生までその幸せを感じることがほぼなかったけど、サッカーをやる事でこんな幸せもあるんだよっていう事を娘には伝えていきたい。

 

冒頭のくだりに戻るけどそんな幸せは絶対にお金じゃ買えないから。

 

だからお金じゃない。

 

でも最低限生活には困らない程度のお金は稼いで欲しいですけどね。

 

お金儲けの為にサッカーをするのではなく、サッカーを頑張った結果少しでも多くの報酬がもらえたらと思います。

 

まだまだ道のりは長いけど。

 

頑張る君の姿を父ちゃんは応援し続けたいと思います。

 

色んなストレスと戦いながら。。