間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

子供の成長は〇〇階段

先日、朝起きたらスマホのほとんどのアプリがアンインストールされていました。。

 

どうやら飲み過ぎた私が何かを勘違いしてガンガンアプリをアンインストールした模様です。

 

今、機種変したかのように不便です泣

 

飲み過ぎは良くありませんね。。

 

何を勘違いしたのか全く思い出せません。。

 

そんなこんなでブログネタを溜めておいたメモ帳アプリも削除されており、ブログを書くネタが現在不足しております泣

 

思い出せ私。。

 

それによりブログを書く気になれないけど頑張って更新します。。

 

さて池上正さんの講演会を聞いて印象的だったお話を紹介します。

 

子供ってサッカーに限らず同じ失敗を何回もしたりしますよね。

 

テレビをボーっと見過ぎて学校に行く時間なのに全く準備が終わってないとか。

 

もちろんサッカーでも「おい、そこパスだろ。。」とか「判断遅いよ。。」とかつっこみたくなる事ばっかりです。

 

そこで注意したり何もかも手伝ってばっかりいると自分で何も考えない子になってしまいます。

 

それは私もわかっているので放っておいたりヒントだけ与えたり問いかけたりはしているのですが驚異的な早さで成長するという事はほぼありません。

 

点と点が繋がっていきなりできるようになるという事はありますけど基本子供の成長というものはゆっくりです。

 

そんな中でも毎週、娘のサッカーを見ているとちょっとした成長に気付く事がありますがきっと私が気付かないような成長もしているんだと思います。

 

池上正さんの講演会で印象的だった言葉は

「子供の成長ってらせん階段なんですよ。」

という言葉。

 

f:id:YSPP:20180202095632j:plain

 

子供はらせん階段を確実に少しずつ昇り成長しているけど、大人はらせん階段の真上から見てるからその成長に気付きにくい。

 

上から見てるから同じところをずっと回っているように見えてしまうとの事でした。

 

この言葉を聞いた時、妙に納得して「なるほどそういうことだったのか。」と思いました。

 

今はだいぶ減りましたが娘を見てると「なんで同じ失敗ばっかりするんだろう。」っていう事が多々あります。

 

でも娘は娘なりにらせん階段を1段1段しっかり昇っているんだなと思えるようになりました。

 

いちいち注意したり何から何まで教えてしまうことは無理矢理階段を昇らせてしまうという事。

 

そんな事をずっとしていたら大人がいなくなった時に自分で昇れなくなってしまいますよね。

 

そんな私も無限に続くらせん階段の途中にいるんだと思います。

 

らせん階段の上から娘の成長を見守りながら、いつかこんなしょぼい父ちゃんなんか抜かしてもっともっと上の段に娘には行ってもらいたい。

 

でも私も負けずにらせん階段を昇り続けたいと思います。

 

1段1段近づいてくる娘の成長を感じながら。

 

酔っぱらってアプリをアンインストールしまくらないように。。