間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

今年最後のチーム活動

日曜日は娘のサッカーチームの練習試合。

 

私と参加する活動はこの日が最後なので上手いこと活躍して気持ち良く今年を終わりたいところです。

 

まー完全に私中心の考えなのでそれを娘には求めませんが。。

 

さて、5人制ミニサッカー10分ハーフを3試合と8人制サッカー15分一本。

 

5人制の方は一本目から娘大活躍。

 

トップで出場した前半もバックで出場した後半も普段は采配しないコーチの采配だったけど高評価で終わります。

 

このコーチ、OBコーチの息子でこのチームのOBなんです。

 

コーチングやジュニアサッカーの指導者の勉強は一切してないのでまぁ酷いものなんですが。

 

そして極めつけがダメなプレーしたら即交代で「なんで交代させられたかわかってんの?」って詰め寄る始末。

 

そんなとしたら子供のが失敗を怖がってチャレンジしなくなるだけなのに。

 

このチームは子供を自分の支配下に置いて上からものを言う人ばっかり。

 

全くもって呆れるばかりです。

 

そんな中、この1日を通して罰交代は娘はなし。

 

そして褒めちぎられたから「良くやったぞ!」って後で褒めました。

 

しかも1試合が終ったら後、「〇〇ちゃん(娘)、いつからあんなにディフェンスが上手くなったんんですか?」とディフェンス超上手いパパコーチから聞かれてすごく嬉しかった。

 

ちょっと前まで相手が来たらすぐに足出して一発で交わされてたけどこの日の娘は相手のエース級の子にも必死に着いていってほとんど抜かれる事なく邪魔してた。

 

審判しながら娘のサッカー姿を見てたけど「ありゃ?こんな上手かったっけ?」とわたし自身も驚くほど。

 

練習試合の審判なので娘の近くで「ナイス!ナイス!」とか「〇〇コーチ、めっちゃ褒めてるよ!」とか小声で声をかけました。

 

娘も満足気な顔。

 

やっぱり練習試合の審判って好きだな~。

 

その他にも他の子達がちょっと前から練習試合してたワンツーをしたりして審判しながら「ナイスワンツー!すごいじゃん!」と声をかけたり、嬉し過ぎて相手のチームの子供にも「ナイスキーパー!君キーパー上手いね!」とか、「最後まで外しちゃったけど良い形だったね!」とか言っちゃってました。笑

 

でも、子供達凄い嬉しそうな良い顔してた。

 

さすがに公式戦の審判だとここまで声はかけられないから練習試合の審判って本当に好き。

 

子供達の成長のカケラをめっちゃ近くで見つけて超えをかけられるから。

 

「寒くて体動かしたいので全部審判やります!」って言ってやってるけど、実際寒い2割、子供達の成長を近くで見たい8割みたいな感じです。

 

ストレスばっかり溜まるけど「パパコーチやってて良かったな~」って思える場面の1つです。

 

 さて、2試合目の娘も右と左でチームに貢献したします。

 

前半、右手サイドを駆け上がったところでセンタリングしてトップの子が決めて1アシスト。

 

後半左で出て、キックインからトップの子が触るだけのパスを出してゴールして2アシスト。

 

個人的にはこの年代でアシストする事はゴールよりも難しい事だと思っているし娘にも伝えてあります。

 

そしてゴールとアシストは同じ価値があるんだよって伝えてるし、この日の娘の目標が「1点か1アシスト、できればいいもっとする。」というものだったので、この時点で木達成。

 

「目標を達成した後でも次の目標を立てて頑張るんだよ。」って娘には言ってわかってくれてるからこその目標だろうと思うし、本当に誇らしいです。

 

3試合目も結果としてはなかったけどチームに貢献して終わり。

 

私としてはこの時点で終わって欲しかったんだけど。

 

最後の8人制では相手のエースに抜かれまくり。。

 

今までずっと5人制でやってきてて8人制に慣れていないのかも知れないけどちょっと酷すぎました。。

 

5人制と8人制って相手との間合い変わってくるのかな?

 

まぁ、4年生からは8人制も始まるので少しずつ慣れていけたら。

 

というか私はフットサルしか知らないから5人制で色々アドバイスできたけど8人制とか11人制とかはもっと勉強しないとダメですね。

 

一緒に頑張っていきたいけど、取りあえず娘と頑張るサッカーはこの日で終わり。

 

色々あったけど全体的にとても良い1年だったんじゃないかな。

 

この調子で来年も一緒に頑張っていけたら。

 

まだまだ色んなストレスと戦いながら。。