間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

フリーキックのキッカーって格好良いよねってハナシ

日曜日の練習での事。

 

最後、3チームに分けてゲームをしたんだけど「あぁ、こりゃぼろ負けで全敗だな。。」ってチームになった娘。

 

3チーム同士、1試合ずつするんだけど1試合目。

 

子供達が狙ったのか知らないけど3番号でチーム分けして娘のチームの最強メンバーが揃ってるチームとの対戦。

 

作戦タイムを終えると5人制でいつもはやらないバックに入った娘。

 

相手のトップは今一番得点力のある男の子。

 

「どうなることやら。。」と外から様子を見ていると、娘を中心に良く守っている。

 

トップ・右・左の選手がマークずれずれ、抜かれまくりな状況で最後の最後は娘とキーパーの子で守り切ってる。

 

そしてボールウォッチャーにならずになるべく相手のトップの子のマークを外さないよう意識してポジショニングしてる。

 

最近は前めのポジションが多かったからバックで頑張っている娘を見て嬉しく思いました。

 

結局守りきり0-0で1試合目終了。

 

練習後、「なんでいつもはやらないバックやったの?」って聞いたら、「〇〇ちゃん(サッカー初めて1か月の女の子)がじゃんけんで負けてバックになっちゃって、自信なくてかわいそうだから変わってあげたの。」という娘。

 

いやはや、もはや感動レベル。

 

こんな思いやりのできる娘を持って本当に誇らしい。

 

君が相手を思いやって行動に移したことはサッカーでもこれから生きてく上でもとても大切な事なんだよって教えました。

 

しかも変わってあげた上にチームを支える活躍をするなんて超格好良い。

 

ずっと娘のプレーにイライラする事ばっかりだったけど、最近はイライラもするけど良いプレーだったり私の想像を超える事を見せてくれる。

 

娘のファン1号としてこんなに嬉しい事はないですね。

 

その代わりにクソヘッドコーチへのストレスが増しましたが。。

 

なんで減らないのストレス。。

 

そして2試合目。

 

得意の右のポジションで良いプレーを見せる娘。

 

2人ドリブルで抜きキーパーとの1対1を見事にはずし、ズコーっ!てなってる時にゴール前で相手のファール。

 

獲得したFKを別の子が蹴ろうとするもめっちゃお願いしてキッカーを奪う娘。

 

そして娘のFKから直接蹴られたボールはボールの上隅に突き刺さるファインゴール。

 

最近、娘はFKを蹴りたがる。

 

普段はエースの子だったりキック力のある子が蹴るけど、女子サッカーだったりエースの子がいない時はめっちゃ蹴りたがる。

 

数カ月に一回だけど。

 

そしてFK蹴った時はゴールをした記憶しかない。

 

たぶん3回くらいだけど。

 

帰宅後、娘に中村俊輔の伝説のフリーキックを見せてあげました。

 

チャンピオンズリーグマンチェスターユナイテッド戦のオールドトラフォードで決めたあの伝説のフリーキック

 


【伝説】中村俊輔 CL・マンU初戦 オールドトラフォードで決めたフリーキック / Syunsuke Nakamura

 

娘も「めっちゃ曲がっててすごい!」(すごいのはそこじゃない)と驚いていたけど、フリーキックって華があるよねって話をしました。

 

フリーキックって蹴る人にみんなが注目して相手も対策を打ってきて味方はキッカーを助ける動きをする。

 

フリーキックのキッカーはあの場面では主人公になれるんです。

 

そんな場面でゴールを決めたらそりゃあ格好良いですよね。

 

娘にもそんな選手になって欲しいと思うし、将来そうなって欲しいなって言っておきました。

 

そしてキックの上手さは才能とかセンスとか関係ないんだよって。

 

単純にどれだけ練習したかなんだよって。(厳密にいうとそうじゃないのかも知れないけど)

 

だから練習から頑張ろうねって話した。

 

将来どんな選手になるのかはわからないけど。

 

これからも私のちゃちい想像なんて簡単に越えていけるような選手になるんだろうな。

 

最近のプレーを見ててそんな気がしてならないんです。

 

楽しみしかない。

 

後はクソヘッドコーチに才能を潰されなければ大丈夫。

 

私はそれを守るために痛いお腹を我慢しながら、また明日から頑張っていこうと思うのでありました。

 

あー今日にでもアイツ死なないかな。(ダークサイドの心の声)