間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

JFAなでしこ広場に行ってきたハナシ

先日、なでしこ広場というものに参加してきました。

 


f:id:YSPP:20171204182238j:image

 

なでしこ広場ってなんじゃいって感じなんだろうけど。

 

まぁ、簡単に書くと女子サッカーの練習会で一人からでも参加できます。

 

日本サッカー協会女子サッカーの普及と強化を兼ねて企画してるイベントです。

 

とはいっても日本サッカー協会がそのままなでしこ広場を運営している訳ではなく、募集して色んな運営団体がなでしこ広場を開催しています。

 

対象年齢なんかは運営団体で違うけど小学生向けのものが多いような気がします。

 

色んな地域で色んな団体が開催しているので日本サッカー協会のホームページで1度探して参加してみると良いと思います。

 

 さて、娘のチームの高学年のコーチの娘さんがこのなでしこ広場を運営しているという事で電車とタクシーで1時間半かかるところまでのちょっとした遠征。

 

7人の女の子と6人のママさん達と私の移動なので電車で固まると結構な迷惑です。。

 

引率のコーチとしては最大限気を使ったけどかなりのストレスでした。。

 

子供達は話が盛り上がると自然と声が大きくなりますからね。。

 

何度、「うるさいから静かにして!」と言った事か。。

 

ぶっちゃけもう行きたくありません。。

 

そんなこんなで現地に着き、練習開始。

 

こういった練習会を見る度思うけど、「女子って不思議な生きものだよなー」ってつくづく思います。

 

逆に女子から男子見たら理解不能なのかも知れないけど。

 

まぁ、男は単純なでアホなだけなんだけど。

 

でもコーチも女性だけというのは娘もなかなかないし、すごく楽しそう。

 

「〇〇コーチも手伝って下さい。」と言われたので私もお手伝いしてたけど超楽しい。

 

本当に参加して良かったなと思いました。

 

しかもこの女性コーチ、元某J1スクールコーチという事もあり、指導が上手い。

 

女性ならではの言葉の柔らかさもある。

 

指導者として私が学べるところもあり、大満足ななでしこ広場となりました。

 

その日ダブルヘッダーだったからめちゃくちゃ疲れたけど。。

 

 女子サッカーってワールドカップ優勝からサッカーをやる女の子が増えたように思えるけど実際そんなに増えてはいない。

 

少子化が進むでも少しずつ増えてるのは凄いのかも知れないけど実際数字を見てみると爆破的には増えていないのが現状です。

 

そして良く言われるのが中学生になるタイミングで半分くらいの子がサッカーから離れてしまいます。

 

これは中学生になると男子とフィジカルの探してつきすぎてしまい、一生にやるのがつまらなくなってしまったり、女子中学生チームが少ない事が原因と言われています。

 

幸い私が暮らす地域では何個か中学生女子チームがあるので娘がやりたければ続けられるけど。

 

まぁ、J下部クラブに受かる予定ですが。。

 

少しずつ改善されている気はするけど女子サッカーがこんな現実なので、なでしこ広場みたいな活動はとても良いと思います。

 

違うチームの女の子と交流して、普段はチームに自分だけしか女の子がいなかったり、数人しかいない中で頑張ってる子は「あぁ、私の他にもサッカー頑張ってる女の子がこんなにいるんだ。」って思えるし。

 

そこで知り合って中学生での進路を相談したりもできるかも知れないし。

 

娘と共にサッカーをしている私としてもこういったイベントを盛り上げたりして女子サッカー界を微力ながら支えていきたいですね。

 

なでしこ広場、お勧めなのでサッカーやってる女の子はぜひ参加してみてください!

 

JFAなでしこひろば | JFA|公益財団法人日本サッカー協会