間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

スタメンから外れた娘

土曜日の遠征の次の日の日曜日はホームグランドで練習試合。

 

来週土曜日の試合に向けて娘の最後のアピールの場となります。

 

前日が良かったので自然と期待する私。

 

10分ハーフの5人制で1試合目では味方のシュートのこぼれ球を角度のないところから娘が決めて先制点。

 

「ええやん!めっちゃええやん!」って感じで審判してました。

 

他のプレーも悪くない。

 

めっちゃコーチにアピールできてる!と満足気な私。

 

2試合目も審判しながら見てたけど、まぁまぁな感じ。

 

悪くないけど良くもないみたいな。

 

そして次に8人制のゲームを10分ハーフでやりましたがまぁ、普通。

 

そもそも8人制ほとんどやった事ないから評価はしづらいですよね。

 

でも1試合目が良かったので大丈夫だと思ってました。

 

そして、最後15分1本の5人制を行いました。

 

私は「このまま最後にアピールして終わってくれ!」と願いながらの審判。

 

最後の練習試合で恐らく来週の公式戦を見据えたスタメンでやると思ってたけどスタメンでの娘の出場はなし。

 

この土日で猛アピールをした男の子がいたんです。

 

その子は成長も遅くてちっちゃくて今まで全然試合に出れてなかったけど、最近は球際も強くなったしパスも出せるしディフェンスも悪くない。

 

私の目から見てもこの土日で彼の成長は見て取れたしコーチとしては嬉しいけど娘の出場を拒む相手となったのは親として良い気分はしない。

 

采配をするコーチがどんな考えで最後のゲームのスタメンを決めたかはわからないけど「もしかしたら娘の評価抜かれた?」という不安な気分で押しつぶされそうになりました。

 

まぁ、私は何もできないので普通に審判をしてると試合開始4分でその子と娘が選手交代。

 

「きたー!娘よ!最後のアピール頑張れ!」と思いながら審判してたら、すぐに気付きました。

 

「あれ?なんかさっきよりプレー酷くね?」

 

攻めのトランジションの時はそこそこ良いダッシュしてるけど守りのトランジションの時に全然ダッシュしないでタラタラ走ってるだけ。

 

「さっきできてたのになんで?」

頭の中が疑問符だらけです。。

 

采配してるコーチからも「なんで戻ってないんだ!」って言われるし、わかってる私もイライラがMAXに達して審判しながら「そこは戻らないと!」とか「この時もダッシュで戻るんだよ!」って声を出してました。

 

娘が戻らないせいで失点もしたしピンチも多数。

 

私に言われて気付いた娘は次第に良くはなってたけどスタメン組とそうじゃない組で基本出てたので娘が出てる時間はひたすら失点を重ねるという感じ。

 

一方スタメン組は失点せずに得点を重ね、真逆な状況。

 

娘は今のところ他のメンバーが良ければ相乗効果で良いプレーをするけど他のメンバーが駄目だと1人でチームを良い方向に持っていけるだけの力は残念ながらない。

 

だからスタメンじゃない方と組むと良い所が全く出せない上になぜか足が重くて最悪なプレーを重ねてた。

 

私は娘のサッカーを誰よりも見てきてるし娘が試合中サボる事なんて絶対しないってのは知ってるんだけど。

 

結果、大事なところで走ってないからサボってる様に見える。

 

それがコーチに最悪な印象を与えたのは間違いないし、きっとこの土日で猛アピールした男の子に娘に抜かれたんだと私は思いました。

 

悔しくて仕方がない。

 

土曜日、あんなにアピールできたのにこの日は最悪な印象を与えてしまった。

 

そして結果、たぶんその子に抜かれてスタメンの座を譲ってしまった。

 

さすがに怒鳴る事はもうしないけど、練習試合の帰り道に私が思っていた事を娘に伝えた。

 

伝えたところで娘が良く思う事はないし、私の気持ちも完全にすっきりする事はないんだけど。

 

それでもこの日は悔しくて抑えられなくてフラットな状態で伝えた。

 

「パパは残念で仕方がない。」と。

 

それを聞いた娘の返事はいつもより小さかった。

 

なんてバカな親なんだ。

 

昨日も書いたけど親って史上最強のバカで。

 

自分の子供が活躍してる姿だけを見たくて。

 

それができなくて頑張ってる姿も大好きな私の子供なのに。

 

すぐ自分の愚かさに気付いて謝った。

 

「ごめん、パパ言い過ぎた。来週の試合、きっと出番があるから頑張っていこうぜ。」って。

 

娘は「大丈夫だよ。試合は頑張るよ。」って言ってくれた。

 

私がダメ親な分、すごく空気を読む娘になってしまった。

 

後悔しても仕切れない。

 

本当に申し訳ない。

 

でも、環境ってすぐに変わるものでもないから。

 

言い訳にはしたくないけど人ってそんなに早く変われないから。

 

娘が100%サッカーに集中できるように変わっていきたいと思います。

 

 後になって冷静に分析して見ると最近の娘のプレーは最初が1番良くてそれから次第にプレーの精度が落ちていく。

 

体はまだ動くからきっと頭が疲れてるんだと思いました。

 

そりゃー2、3時間サッカーしてれば疲れますよね。

 

「集中力が続けば良いプレーが続けられる。」という仮説のもと試合の日は作戦を立てることにしました。  

 

私自身、フットサルのキーパーでもちろん試合中、体の負担も大きいんだけど1番負担がかかるのが頭の中なんです。

 

1時間以上、ずっと集中してないといけないし少しも気が抜けない。

 

その対策としていつも試合前にラムネを食べるんです。

 

試合前にラムネ食べてると「ラムネ好きなの?」って聞かれるんだけど、ラムネはブドウ糖の塊だから脳の栄養補給にもってこい。

 

少し前まではチョコたべてたけど同じ理由です。

 

だから、娘には「ラムネで集中力持続作戦」を実行しようかと思います。

 

10分ハーフが4試合あるし、スタメンを奪われたとはいえ十分に戦える選手なので絶対に出番はあるハズ。

 

そこで最初は良いプレーできるけど次第に頭が疲れて酷いプレーにならないように試合と試合の間に隠れて娘にラムネを食べてもらおうと思ってます。

 

さて、この作戦が上手くいくかどうかはまた試合終了後の来週に書きますがどうなる事やら。。

 

上手くいけば同じような悩みを持つ親御さん達に光をさせる気はするので。

 

乞うご期待、となるかどうか。。