間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

日曜日の試合 娘はヒーローになるどころか・・・

日曜日は娘のチームの主催する大会の決勝トーナメントでした。

 

6人制でフットサルと同じルールです。

 

結果から書くと娘はヒーローにはなれず。

 

石の上にも三年って言葉作ったやつマジでぶっ飛ばす。 

 

何年待たせんねん。

 

でももうここまできたら何年でも待てます。

 

絶対光り輝く未来が娘には待ってるので。

 

私が邪魔しなければ大丈夫。

 

そこが1番危ないんだけど。。

 

試合では1回でも負けたら終わりなので勝ちに行くメンバーのスタメン。

 

娘はきっちり選ばれるも相手のエースと対峙するポジションになってしまった為、前半良いところほとんどなし。

 

試合は一進一退で進むも前半半ばに失点し0-1。

 

後半開始時には1回下げられる娘。。

 

そして後半残り5分で再び出場。

 

「おい・・・頼むぞ・・・またクソみたいなプレーしたら引っぱたくぞ!」って気持ちでしたが「頑張れ!ヒーローになってこい!」って送り出した私。

 

成長したもんです涙

 

この歳でも成長した私をサッカーする子を持つ美人お母さん、抱きしめて頭ポンポンして下さい涙

 

前半とは違うポジションだったので少しはマシな感じだったけど相手のプレスが早くてなかなか良いプレーできず。

 

そんなこんなで後半は押しまくりの展開だけどなかなか点が入りません。

 

そして相手も時おりこっちのゴールを脅かします。

 

残り2分で采配してるコーチがうちのエースの子を一番前にします。

 

なんとかエースの子に繋げとみんな必死に守って必死にボールを運びます。

 

しかし、なかなか上手く行かずにエースの子は孤立。

 

ちょっと前のポドルスキ状態です。

 

普通の子なら我慢できずに少し下がってきちゃうんだけど仲間を信じてずっと前で待つエースの子。

 

そして試合終了間際相手に攻め込まれ必死に守る娘のチーム。

 

相手からボールを奪い、普段ドリブルばっかりの子がエースに渾身のスルーパス

 

この時点で試合終了の時間を知らせる誰かの腕時計の「ピピピッ」って音が聞こえます。

 

間に合うか?

 

ルーパスを受け取ったエースの子がドリブルしてシュート。

 

ゴーーーーーーーーーール!!!!!

 

審判も得点を認めています。

 

先週もアホみたいに喜びあったけど選手達、コーチ、応援してくれる人達がお祭り騒ぎの喜び。

 

なんかこのチーム、人を魅せつけるモノを持ってます。

 

そして、再開のキックオフと共に試合終了ののホイッスル。

 

1-1でPK戦になります。

 

3人ずつ蹴って決まらなければサドンデス。

 

お互い1人ずつ外し、3人蹴っても2-2で決着がつかず4人目のキッカーは娘です。。

 

つい、「親として見てられない。。」って頭抱えてたら周りのコーチが笑ってます。。

 

そんなこと言ってももう信じるしかないので「絶対入る!」と信じて娘のPKを見守ります。

 

娘の蹴ったボールはゴールの端っこの良いコースに飛ぶもキーパーがつま先で触り、その後ポストに当たってPK失敗。。

 

まぁ真ん中蹴った訳ではないし、枠外に蹴った訳でもないので。

 

キーパー褒めるしかないかな。。

 

その後、相手はPKを決めトーナメント敗退。

 

個人的にPK戦はじゃんけんみたいなものだと思ってるので。

 

仕方ないとは思いつつ、最後にミスったのは娘な訳で。

 

ヒーローどころか逆の立場になった娘を見て親としてはやっぱり微妙な気持ちになります。。

 

幸いあんまり気にしてないようなので放っておいてますが、「次は決めようね。」って言っておきました。

 

これくらいは良いですよね涙

 

本当は怒鳴りつけたい気分ですが。。

 

小せぇな私。。

 

そんなこんなで今大会は終了。

 

先週に引き続き、応援してるみんなを感動させる試合をした子供達リスペクト。

 

娘はこの日、あんまり良い所なかったし、最後にミスしちゃったけど。

 

そんなみんなを感動させる試合に出てたんだって事で良しとしよう。

 

先週と打って変わってモヤッとしてるけど。

 

落ち着け私。。

 

おい!自分の子供がPK蹴る時の気持ちをわかるわー!って優しい方はクリックお願いします。

                                           ↓

[http://www..com/にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

にほんブログ村:title]