間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

決めてくれれば娘のアシストなのに!&ドリブル塾ってなんですの。。

娘のサッカーチームの土曜日の練習は中止。

 

日曜日はホームで練習試合でした。

 

1回試合した時に「今度練習試合でもしましょう。」と相手チームから誘われて今回に至ったんだけど理由がわかりました。

 

同じくらいの人数で同じくらいの強さだから相手としてとても良いんですよね。

 

お互い2チームに分かれて10分一本を5試合ずつ行いました。

 

娘の方のチームは4勝1敗で娘1アシスト。

 

もう一個のチームは1勝3敗1分け。

 

だいぶ結果に差がついたけど、個が上手い子供は負け越したチームの方が全然多いんです。

 

じゃあなんでこんなに結果に差がついたのかというとパスを有効に使っているかどうかだと思いました。

 

娘のチームはまだまだな子も多いけどパスを使って危ない場面を回避したり、チャンスをつくったりしてた。

 

先週、ちょっと他の子に大して愚痴ったけどパスできる子と娘が近くにいるとちょっとずつ良い連携が出てきて見ていて面白い場面も多々ある。

 

この日も1アシストだったけど娘がゴール前に良いパスを何本も出してもガンガン外すからアシストになってないだけでナイスプレーをたくさんしてました。

 

最近の娘のサッカー観戦あるあるかも、「おい!決めてくれれば娘のアシストにだったのに!」って心の中で怒ってます笑

 

今のところ娘はストライカーというよりパサーなんですよね。

 

「アシストは1点と一緒だからね。」って常日頃言ってるし、実際今のレベルだと点を取るより難しいと思うから良くやってますね。

 

もちろん課題もあるけど、「日々成長してるんだな~。」と嬉しい父ちゃんなのでありました。

 

さて、もう一個のチームは上手い子が多いんだけど。

 

ゴール前で相手が3人いるのにパスせずに突っ込んでいってボール取られての繰り返し。

 

球際も強いしドリブルも上手いんだけどパスしない。

 

パスすると上手いのにしないのは自分が点取りたいからなんだろうけど。

 

こういうやつが1・2人いると勝てないんですよね。

 

私、こういう選手マジで苦手だから同じチームじゃなくて良かった。。

 

まぁ同じチームだったら教えるけど。

 

ドリブルだけじゃだめだしパスだけでもダメ。

 

両方同じくらい大事だからどっちの方が良いのかを自分で観て判断するようになって欲しいですね。

 

話はそれるけど最近はドリブル塾ってのが各地方に増えてきています。

 

でもパス塾って聞いた事ない、蹴り方教室ってのは聞いた事あるけど。

 

まぁドリブルで相手を抜くのがカッコイイってのはわかるし、自分の子供が相手をドリブルで抜いたら気持ちいいのもわかるからドリブル塾なんてものが流行り出してるんだろうけど。

 

メッシの影響なんかもあるのかな?確かに見てて「このドリブルすげー!」って思う気持ちもわかるけどさ。

 

メッシってパスもめちゃくや上手いからね?って感じ。

 

ドリブルをパスと離して考えてる時点でなんかねぇ。。

 

ラーメンは麺が命!って言っちゃうくらいナンセンス、いや麺もスープも大事だろみたいな。

 

なんでラーメンに例えた?というツッコミは置いておいて。。

 

需要があるからスクールを始める人がいるんだろうけどドリブル塾なんてものに生徒たくさん集まっちゃってるら辺が日本のサッカーレベルの低さを表している気が個人的にはします。

 

こんな事書いたらドリブル塾経営してる人に消されそうだけど。

 

明日以降、ブログの更新が途絶えたら消されたと思ってください。

 

見た目の華やかさに囚われないように。

 

目立たず泥臭くチームの為に全力を尽くして戦ってる選手だって立派な戦力。

 

「自分が点を取りたい!」ってだけになっちゃってる子はまだまだ入ったら抜け出せないサッカー幸せトンネルの入り口ら辺にしかいないんじゃないかなぁと父ちゃんは思う訳です。

 

週明けからブログなげーよ!でも許したる!っていう優しい方はクリックお願いします。

     ↓

[http://にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村]