間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

私のストレスはたまる一方です。。

祝日の月曜日は娘のサッカーチームの練習。

 

私は用事があって途中から参加しました。

 

私が行った時にはラインゴールをやっていたんだけど、相変わらずバランスを取って一番後ろにポジショニングする娘。

 

いや、いいんだけどさ。

 

もちろんディフェンスも大事なんだけどさ。

 

やっぱり親って自分の子供がチャンスにからんだり、ゴールする姿がみたいもんなんですよね。

 

最近、他の子にイラつくことが多い今日この頃。

 

なんなん?ディフェンス軽いくせにアホみたいに前ばっかり行って。

 

お蔭で私の娘ずっと後ろでカバーリングして上がれないんですけど?みたいな。

 

ちなみに最近パスする事を覚えた娘は自分がボール持ったらすぐにパスするようになってきた。

 

でも他の子がほとんどパスしないからボールが返って来ることはすごく少ない。

 

ルーパスみたいなチャンスにつながるパスだったらまだいいけど、ビルドアップでのパス交換で娘が他の子にパスしてるのにありえない場所からドルブルして相手に取られて。。

 

なんなん?その状況判断の悪さ。

 

もう一回娘に戻してもいいし、他の子もフリーで空いてるじゃん。

 

なんでドリブルしか考えられないの?って感じ。

 

まぁ、きっと練習で伝えきれてないか練習が悪いのかなんだろうけど。

 

娘がボールを持ってる時間が最近極端に少ないから見てて面白くないんだよなぁ。

 

山Pは映さんでいいからもっとガッキー映せやみたいな。

 

この日はこの後ワンツーの練習をして最後のゲームで「ワンツーでゴール決めたら10点ね!」って子供達に伝えてワンツーを意識してもらうようにしました。

 

ゴール前でドリブルしてる子がいて、ワンツーを狙いにサポートに行く娘。

 

でもドリブルしてる子はそんなの全く見ずに普通にゴール。

 

「今ワンツーできたのに・・・」って言ってる娘を見て、なんかかわいそうに思ってしまいました。

 

娘は娘で年上の子とサッカーをしたりしているので「ドリブルばかりじゃなくてパスも使ってボールを運んだ方が良い」ってのがだんだんわかってきててそれを実践してるのに他の子が全く追いついてないというこの苦しみ。

 

まぁ、一時的なんだろうけど親として見てても別のストレスがたまる一方です。

 

この日はボール怖がらなかったけど、こんな状態なのにボール怖がり病が出たらと考えるだけでお腹が痛い。。

 

じゃあ見なきゃいいじゃんって感じなんだけどそれでも見たいんだよなぁ。。

 

そう考えると親って身勝手な生き物ですね笑

 

きっといつか報われる日が来ると信じて一緒に頑張っていくしかないですね。

 

頑張ろう。。

 

そんな私を慰めてくれる優しい方はクリックお願いします。

     ↓

[http://
にほんブログ村]