間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

審判はこんな事思ってる? 審判目線の話

たまに勢いでブログを更新してめっちゃ凹みます。

 

なんであんなこと書いちゃったんだろうって。

 

まぁ人間臭くていいじゃないって事で。。

 

変に肩肘張らずにやっていこうと思います。

 

さて、今日は珍しく審判目線の話。

 

私の地域、小学校低学年は5人制の試合なので大学生の頃からフットサルの審判のバイトをしていた経験が今更フルにいきてます。

 

自分で書くのもなんだけど地域ではかなり上手い方だと思う。

 

他が下手過ぎるってのもあるけど。

 

まぁ8人制、11人制になったらどうなることやら。。

 

見てると大体4級審判の資格取ったお父さんコーチが審判してる事が多いですね。

 

審判は本当に審判の経験がモノをいいます。

 

長く経験すればするだけ色んな物が見えてくる。

 

だからのほほーんと試合見てるだけでルールも完全にわかってないお父さん・お母さん達に文句言われるとスッゲームカつきます。

 

しかも独り言のようにぼそりと言った事でもめっちゃ聞こえてます。

 

審判をリスペクトして文句言うのはやめましょう。

 

私、めっちゃ根に持ってムカつくやつはここに書いて晒します。

 

審判いないとゲームできないんですよ?

 

怠慢な態度で審判やってたら文句言っても良いとは思うけど、一生懸命やってたらどんなに下手くそでもリスペクトすべき。

 

ベンチに座らずにお父さん・お母さん達と観戦しててミスジャッジから失点したりすると、「今のどうなんですか?抗議とかできないんですか?」って毎回聞かれるんだけど、抗議してもかわらねーから。

 

そこすらわかってない人ばっかり。

 

サッカーはファールでも審判が笛吹かなかったらファールじゃないし、ファールじゃなくても審判が笛吹いたらファール。

 

その後、何言っても変わらない。

 

もし変わったとしてもそれは子供に間違った経験をさせてしまうだけ。

 

ありきたりな言葉だけどそれも含めてサッカーなんです。

 

まぁ、映像判定とか少しずつ変わり始めてますけどね。

 

グラスルーツでそんなんが導入される訳もなく。。

 

文句言っても変わらないなら早く切り替えて次の事考えた方がよっぽど子供達の為になると思うんだが。

 

まぁ、私も気持ちはわかるし「ん?」とか「う~ん。。」とか言うけどそれ以上は言わない。

 

ちなみに親が審判に文句言う人だと確実に子供も言うようになります。

 

だから私は言いません。

 

文句のくだりが異常に長くなったけどきっと個人的な恨みがあるのかな笑

 

ある程度審判の経験を積めば5人制だと1分くらいで「あっ、こいつぜってーファールするな。」って子を全員把握できます。

 

そこで目をつけられるとその試合が終わるまでずっと荒探しのようにチェックされ続けるのでそうならないように気を付けたいですね。

 

ここまで書いておいてなんですけど、どんなに頑張って走っても見えない時が多々あります。

 

角度的にだったり、人と人とが重なってしまって見えない。

 

「たぶん足引っかけたんだろうな。」とか「たぶん触ってから出たんだろうな。」とか思うけど、「たぶん」でジャッジはできないし、自分の目で見えなかったものは判断できない。

 

だから微妙なジャッジになる事もあるけど、それはなるべく頑張るから許してって感じ。

 

審判はボールあるとこだけじゃなくて色んなところみてるんだもーん。 ←言い訳

 

あとファールじゃないプレーとファールの間のグレーゾーンがめちゃくちゃ存在します。

 

それを白黒つけていくのが審判の仕事の1つだし一番難しいと思う。

 

グレーゾーンをグレーなまま続ける人もめっちゃ多いけど、そのグレーゾーンの中でその人によってどこからがファールなのか、どこまでOKなのかは審判によっても違うし、これはプロの審判でも人によってもめっちゃ違う。

 

大人なんかはそこを見極めてプレーするけど子供にはまだ難しいかな。

 

あと、「んー、ファールだな~。」と思ったプレーでもボール保持者が頑張って耐えてたらファール取らないし、倒れてもファール受けたチームのチャンスになるなら流すし、「別にゲームに大して影響ないな。」って時はそのまま流したりするし。

 

笛吹きまくる人も中にはいるけど、そんなんじゃゲームつまらなくなっちゃうしね。

 

超難しいんですよ審判って。

 

だから文句はダメ。 ←超根に持ってる

 

最後にジュニアサッカー界での審判の役割ってなんなのかなって考えると、もちろんルールを正しく教えてあげるのも大事なんだけど。

 

一番大事な役割って子供達を危険なプレーから守ってあげる事なんじゃないかなって私は思う。

 

まぁ、わざと怪我させるようなプレーは今のところないけど次第に汚いプレーも増えてくるんだと思う。

 

そんな危険なプレーから子供達を守ってあげられるのは実は審判だけなんです。

 

だから子供達を守るために審判をこれからもやっていきたいと思うし、やってる時は全力で走る。

 

これだけ書いたけど実は審判やるの嫌いです。笑

 

たぶん性格的に向いてない気がする。

 

でもやるから文句はダメ。 ←超根に持ってる

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村