間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

サッカーの神様からのプレゼント

土曜日は娘のサッカーチームの公式戦。

 

準決勝リーグといって4チーム総当たりでリーグ戦を行い、上位2チームが決勝トーナメントに進出します。

 

決勝トーナメントはいきなり準決勝から始まり、準決勝に負けても3位決定戦は行わずに両チームに銅メダルが与えられる為、このリーグ戦を勝ち抜けばメダルは確定となります。

 

そんな1試合目、娘はスタメンで出場。

 

0-2を追いかける苦しい展開で前半終了間際、カバーリングの位置からチャンスになると見るとダッシュで駆け上がった娘のところにこぼれ球が来て豪快に蹴り込み1-2。

 

こんな感じの点、先週も見たな笑

 

反撃の狼煙の1点を取った娘マジリスペクト。

 

その後、2-2に追いつくも、最後に失点して2-3で敗北。

 

2戦目は0-3で負け、3戦目も1-5で負けて準決勝リーグ敗退が決まってしまいました。

 

さすがに予選を勝ち上がってきているチームなので予選の時とは寄せの早さだったり、強さが違う。

 

娘だけではないけど予選の時できていたことが今回はあまりできませんでした。

 

でも必死にプレーしている娘の姿を今大会は長く見る事ができたし娘の成長も見れて本当に嬉しかった。

 

娘には「サッカーの神様はいつも上から見ていて一番走った人にだけプレゼントをくれるんだよ。」っていつも言ってる。

 

先週も土曜日もたくさん走った娘の目の前にこぼれ球が来たのはきっとサッカーの神様からのプレゼントなんだと思う。

 

そんなスピリチュアルなもの私は信じてないけど、やっぱり最後の最後まで諦めずに走り切った人のところって不思議とボールが転がってくるものだと思ってるから。

 

これからも誰よりも走るサッカー選手になってくれたら。

 

そして今回采配をしていたコーチに心から敬意を表したい。

 

決まったメンバーだけではなく8人全員を上手く組み合わせて全員で勝ちに行ってた。

 

もちろん出場時間に違いは出てきてしまうけど1秒も出れなかった時の親の気持ちを私は知っているから。

 

やっぱり少しでも自分の子供が試合に出れれば親は嬉しいもの。

 

結果は3戦全敗だったけど、メンバーみんなで勝ちに行ってみんなで成長できた。

 

見ていたお父さんお母さん達の応援にも一体感があった。

 

とても良い夏季大会だったと私は思う。

 

一方、もう一チームは決勝トーナメント進出を決めているのですが、このチームを采配しているコーチは見事に決まったメンバーしか使ってなかった。

 

それで「メダルだ!やった!」ってなってもねぇ。。

 

娘のいた方のコーチで本当良かったと思う。

 

10月、12月と大会が続くので引き続き一緒に頑張っていきたいですね。

 

取りあえず娘、お疲れ様。

 

パパは試合中、頑張る君の姿に感動して涙を抑えるのに大変だったよ。

 

上手くなったね。

 

もっともっと上手くなろう。

 

応援してるよ。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村