間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

意識高い系の親御さん

日曜日は練習を休んで保育園の時の友達とプールに行きました。

 

来週も公式戦なのに練習休んで大丈夫なんだろうかという気持ちもありますが大切な夏休み、色んな思い出をつくってもらえたら。

 

あれだけ活躍したら多分大丈夫!笑

 

そんなこんなで楽しい一日を過ごしました。

 

昨日は営業の外回り中にサボって(おいおい)Jのチームの1DAYサッカースクールに娘を連れて行きました。

 

毎回参加してて思うけど、さすがにプロのコーチだけあって子供をのせるのが上手いし楽しい雰囲気つくりも上手い。

 

子供達はみんな夢中になり全員笑顔で練習してる。

 

そう、これがジュニアサッカーでの本当の育成だと私は思う。

 

グラウンドが広いのもあるけど、最初から最後までの練習のオーガナイズが用意されていて練習の時間が間延びする事がない。

 

たとえるならジェットコースターのような流れなんですよね。

 

それで終わった後、「楽しかった!またやりたい!」で終わるのもジェットコースターと同じ。

 

この「またやりたい!」で終わらせることで次の練習が楽しみになり、それを繰り返すことでサッカーが大好きになっていく。

 

夏休みだと「うちは毎日サッカー練習してます!」みたいな一見意識高い系の親御さんが出てくるけど毎日なんて論外。

 

子供の事を思うんだったら親がコントロールしてあげないとダメです。

 

最近見た記事だと高負荷なトレーニングをした後は回復に48~72時間かかるそうです。

 

1年に2回は1~2週間の休息が必要とも書かれていました。

 

トレーニングと回復をセットにして考えないといつか子供の体が壊れてしまいますね。

 

私も常に意識していきたいものです。

 

この夏、何回かJのチームのイベントやスクールに参加してわかったのは結構常連さんがいるという事。

 

小学校低学年からスクールの開催やイベントをチェックして参加させるなんてきっと意識高い系の親御さんなんだと思います。

 

ただ頑張る方向を間違えてしまっては被害を受けるのは子供。

 

もちろん私も含めてですが正しい方向に向かって頑張りたいものです。

 

知らないってホント怖い事なんですよ。

 

バカボンの歌信じて高校生まで太陽は西から昇るって思ってたオレの友達くらい怖いんです。

 

だから色んな情報を集めて取捨選択して実践して疑って。

 

キリがないけど子供の為にこれからも勉強していきたいと思います。

 

 


にほんブログ村