間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

これまでの努力は間違ってなかった

土曜日は娘のサッカーチームの夏の公式戦。

 

うちの地域は4年生まで5人制のミニサッカーで公式戦を行います。

 

4年生から8人制の試合も始まるけど3年までは基本5人制。

 

予選は5チームリーグで上位2チームが準決勝リーグに進む事ができます。

 

そんなこんなで1試合目、終始押し気味にゲームを進めてたけど、自陣のパスミスから失点して結局、0-1で負け。

 

2試合目は実力通りかなって感じの0-2で負け。

 

5チームリーグで2連敗って結構絶望的ですよね。。

 

でも2位だったチームの取りこぼしがあり、次の試合に勝てば上位2チームに入れる可能性が出てきたところでお昼休憩も含めた2時間の空き時間。

 

ここで采配をしていたコーチが大幅に選手のポジションを変えます。

 

最初の2試合はみんな出してたけど、残り2試合はメンバーを固定して勝ちにいく感じ。

 

大体、こういう勝ちに行く時のメンバーには娘はいつも選ばれないんだけど、今回は右サイドでスタメン出場。

 

そして3試合目、急に大幅にやり方を変えたので戸惑う子供達。。

 

始めのうちは上手くかみ合わずにピンチばっかりでした。。

 

でも次第にコツをつかみだすと守備は安定し出して次々にチャンスを生み出します。

 

ゲームの中で急激に成長し、化学反応が起きたかのように生き生きし出す子供達。

 

娘は右サイドでパスを受けて、ダメそうならやり直し、行けそうならドリブル突破をチャレンジし、前に空いてる選手がいる時はスルーパス

 

味方がピンチな時にはカバーリングして相手のエースとの1対1にもほぼ負けてない。

 

ん?ちょっと待って、こんな躍動してる娘は男の子とサッカーやる時には見たことない。

 

「めっちゃ起点になってめっちゃゲーム作ってるんですけど!」って私のテンションはMAXで涙をこらえるので必死でした。

 

先制点を取ると、乗ってきた子供達は相手を圧倒。

 

カバーリングの位置からめっちゃ前に走ったところにこぼれ球が来てシュートして2点目を入れた娘。

 

もう訳わからないくらい嬉しくて喜びました。

 

結局5-2で3試合目を勝利し、4試合目に勝てば2位争いで3チームが2勝で並びあとは得失点差で順位が決まります。

 

本当に嬉しくて3試合目の後、娘を思いっきり抱きしめたら「パパ暑い!」と怒られました。。

 

4試合目は最下位のチームとのゲームでちょっとしたアクシデントはあったけど、4-1で順当に勝利

 

同じく娘のプレーは躍動していました。

 

点は取れてないけど2アシスト。

 

娘がサッカーを始めて3年、正直ずっと我慢の連続でした。

 

でも、指導者の勉強したりC級取ったり「今に見てろよ!」って気持ちでずっと努力して実践してきたし、娘もずっと腐らないで練習してきた。

 

今までやってきた事は間違いじゃなかった。

 

これまでの努力が実った1日でした。

 

褒めたり応援のし過ぎで私の喉はつぶれましたがこんな嬉しい事はない。

 

これに満足することなくこれからも一緒に頑張っていけたら。

 

でも娘の成長に喜ぶ一方、試合にほとんど出れなかった子がいるのも事実。

 

もう少し、上手く采配できたらもうちょっとみんな出してあげられたのになと複雑な気持ちです。

 

娘だけじゃなくてこの日ゲーム中に急成長を遂げた子がもう一人いた。

 

そんな瞬間を見れて試合にも勝てて嬉しいけど、やっぱり試合って子供達が一番成長できる場所なんだと再確認したし、あんまり試合出れなかった子の成長も見たかった。

 

結局、2位争いで3チームが2勝で並び、得失点差で娘のチームが予選を突破しました。

 

組み合わせを見るとちょっと厳しいかも知れないけど、来週の準決勝リーグの3試合で娘の成長を見守りたいと思います。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村