間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

サッカーで「一番大事なもの」

私の夏休み最後の日はJリーグのチームの1DAYスクールに行ってきました。

 

今年の夏休みはあと2回行くつもりなので楽しみだけどちょっと遠いんだよな。。

 

まぁ普段いけない分、頑張って送迎しようかと思います。

 

最近よく1DAYスクールに参加させてるけど、娘は必ずと言って良いほど毎回すぐに友達をつくる。

 

今回も同い年の男の子と年上の女の子と友達になって、特に同い年の男の子とは気が合ったらしく、「付き合いたてのカップルか!」って突っ込みたくなるほどじゃれ合ってた。

 

父ちゃんが複雑な心境で見ていた事なんてきっと娘は知らないんだろう泣

 

以前の1DAYスクールで友達になった子もいて徐々に友達が増えていってるので良い事だと思う。

 

サッカーやってると友達めっちゃ増えるからね。

 

その友達と対戦チームで再会したり、仲間になったり。

 

そんなサッカーの楽しみも娘にはわかってもらいたいなと思っていたので心から良かったなと思う。

 

スクールの最後のゲームで娘のチーム4人で女の子3人、相手は5人で全員男の子だったから「これはぼろ負けかな?」と思って見ていたら、案の定始まってすぐ3失点。

 

ここで娘と唯一男の子の味方がポジションを後ろ目に変更するとあんなに押されていたのに逆転に成功したんです。

 

その後、再逆転されて負けたけどこれは娘と男の子以外の2人が疲れたのか知らないけど全く守らなくなったから。

 

最後まで諦めずに頑張ってた娘のプレーも見てて誇らしかったけど、この男の子もプレーも見てて「この子のプレー好きだな~」と感心してしまいました。

 

多分、小3か小4くらいで、まずバランスを取ってポジションを変更した判断も良かったし、必死に守って奪ったボールをドリブルで運ぶのかパスで運ぶのかの判断も良く、自分勝手な個人プレーもない。

 

めちゃくちゃドリブルが上手いとかそんな子じゃなかったけど、指導者か親が良いんですかね。

 

まったく守らなくなった2人はサッカーする上で一番大事なものを持ってない。

 

じゃあサッカーする上で「一番大事なもの」って?

 

それはそれぞれの指導者だったり親が勉強して考えて、子供達に伝えていけば良いと思う。

 

勉強しない・考えないは論外だけど、というかそんな人ばっかりだけど。

 

それぞれの人によって答えは変わってくるけど、それで良いと思う。

 

それぞれの「一番大事なもの」を持った選手が助け合い、勝利を目指せたらとても良いチームになると思うんです。

 

娘のチームの子達はまだ小3だからなんとなーくプレーしてる子がほとんどだけど。

 

微力ながら子供達に伝えていけたら。

 

まぁ他のコーチが勝利至上主義・「点取ったヤツが偉い」主義だから多分難しいけど。

 

今週末から公式戦が始まるので娘の成長を見守りたいと思います。

 

「コウシキセン!コウシキセン!」ってアホみたいに勝手に盛り上がっちゃって、子供の成長そっちのけになってる大人だらけの中で。

 

父ちゃんはしっかり見てるぞ。(ちょっとお腹痛いけど。。)

 

一番大事なものも君は持ってる。

 

頑張れ。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村