間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

意味不明なダメコーチ

日曜日は娘のサッカーチームの練習試合へ。

 

高学年の公式戦で会場校の低学年が練習できず、会場校以外のチームが練習できないチーム集めての練習試合。

 

ホントこういう事やってくれると助かりますね。

 

3年→2年→1年と朝から夕方までやっていたそうで設営等々お疲れ様です。

 

私は久しぶりに1チームの采配を任されて10分1本を5試合行いました。

 

娘のプレーは良いところもあれば悪いところもあったけど、あれやこれや言ったところで急に全部は変わらないですしね。

 

サッカーの原理原則の基づいて順番に1つ1つ修正していくしかないですね。

 

もうイラつきを隠してニコニコしてるのも慣れたし。

 

お腹は痛いですが。。

 

それより私に采配を任せたのにベンチ入ってきてガーガー言ってるヘッドコーチの方にイラつき過ぎてストレスMAXでした。

 

この人C級は持ってて、問いかけるコーチンが良いって事は知ってるんだけど。

 

「首振ってる?首振ってる?首振ってる?」を繰り返し言ってる。

 

それもう「首振れ。」って事じゃん。

 

「そこでパスできる?パスできる?」もよく言ってるけど、これも「パスしろ。」って言ってるのと一緒。

 

問いかける形にはなってるけど全然問いかけになってない。

 

以前、指摘したのに全くもって直す気配なし。

 

何かの罰ゲームなのこれ?イラつき過ぎるんですけど。オレなんか悪い事した?えっ仕事サボり過ぎ?それは否定できないけど。。

 

極めつけが子供のプレーにイラついて「何がしたいの?何がしたいの?」って子供に怒鳴ってる。

 

意味不明です。

 

アメリカ国歌を鼻歌で歌いながら洗濯物乾かしてる私の嫁さんくらい意味不明です。

 

C級持ってる人でもこの程度の指導力の人なんてゴロゴロいるんですよ日本のグラスルーツの指導者なんて。

 

何とかしてくれ日本サッカー協会

 

最後のゲームで0-3から諦めたのか何も言わなくなったそのコーチ。

 

「こういう苦しい時こそみんなで声出すんだよ!1点取りにいくぞ!頑張れ!」私がそう子供達に言うと、その直後見たことないようなパスワークで相手を崩した。

 

結果、得点にはならなかったけど明らかに気持ちを盛り返した子供達。

 

「こういうのをコーチングって言うんじゃボケェ!」と心の中で思うのを横目にそのコーチは結局一言も発する事はなかった。

 

もちろん感謝はしてるしリスペクトの気持ちもあるけど、子供の為にならない事をする指導者は全員嫌い。

 

やっぱり娘のチームの活動に参加するとストレスたまるな。。

 

爽やかな気持ちで週明けを迎えたいものです泣

 

 


にほんブログ村