間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

「自分が点取りたい!」オーラ出しまくりの子

月曜日は有給を取って娘とJチームの女子1Dayスクールに行ってきました。

 

セレクションを受ける時に見るコーチが実際に教えてくれるとの事なのでアピールできるかも知れないし。

 

まぁそんな事はどうでも良くて楽しんでくれればいいなと参加。

 

私はずっと外から見ていましたが見てるだけって気楽で良いですね。

 

指導者の声掛けも練習メニューも良いから安心して任せられるし、いつもこんな感じでいられたらどんなにストレスフリーなんだろう。

 

でも娘と一緒にやるサッカーも面白いんだよな、ストレスたまるけど。

 

結局どっちやねんって感じだけど。。

 

中学生の選手とも一緒にできてめちゃくちゃ楽しそうでした。

 

これ小3くらいのサッカー選手あるあるなのかも知れないけど、この年代の子って次第に視野が広くなってきてパスを使うようになってくる。

 

そんな中ちょいちょい見るのが全然パスを出さなくて「自分が点取りたい!」オーラ出しまくりの子。

 

ぜんぜん引いて守らずに前で待ってるだけ。

 

この女子スクールにも1人いました。

 

大体そういう子に限って他の子がボール持ってる時、「ヘイ!ヘイ!」ってめっちゃボール欲しがる。

 

大して良いポジションにもいないくせに。

 

私、この類の選手を見てるとホントイライラしてしまいます。

 

サッカーってチームで点を取りに行くスポーツ。

 

もちろん「自分が点を取る!」って気持ちも大事なんだけど、それだけで終わってる子はサッカーの楽しさの10%も理解してない。

 

皆で必死にゴール守って奪ったボールを皆で運んで皆でゴールを奪いに行く。

 

ボール取られた時の為にカバーに入ってる子もいれば、サポートの位置に入ってる子もいれば、おとりになってくれた子もたり、アシストした子もいて皆で奪ったゴールだからこそ、その1点を仲間みんなで喜び合えるし、コーチ達も応援してくれている親達も喜び合える。

 

それがサッカーの良いところだし楽しさなのに「自分が点取りたい!」で終わってる子は他の子のゴールを喜べないし、たとえチームが勝ったとしても「今日は点取れなかったな…」で終わっちゃう。

 

違う考えもあるかも知れないし、プロになったらそんな気持ちも大事なのかも知れないけど、ジュニアサッカーの時期はサッカーの楽しさを覚える時期だと思うんだけど。

 

もちろん点取ったら嬉しいのはわかるけど自分のチームにこんな子いたら全力でサッカーの楽しさ教えてあげますけどね。

 

これだけ書いたけど悪いのはこの子ではなくて周りの指導者だったり親だったりが点を取った時にしか褒めてなかったり、「自分の子に点を取って欲しいな。」で終わってたりするんだと思う。

 

そんな大人達の多さが逆に日本サッカーの決定力不足の一因になってるんじゃないかなぁなんて思ってみたり。

 

「いまのおとりの動き良かったね。」、「サポートのポジショニングばっちりだったね。」、そんなゴール以外の良いプレーにも気付いてあげられる親、指導者でいたいなと思います。

 

そしてそんなプレーを献身的にこなす中でもゴールを積極的に狙って「私がチームを勝たせるんだ。」って思って戦える娘になって欲しいなと父ちゃんは思うのであります。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村