間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

我慢できないアホコーチ

土曜日、娘は嫁さんの実家に帰っていたのでサッカーはなし。

 

日曜日は練習試合でした。

 

最近、娘のチームの活動にあんまり参加していないのでいざ参加してみると安心するし、やっぱりここがベースなんだなぁとしみじみ感じたり。

 

練習試合中はほとんど審判やりながら子供達にコーチングしてたけど、ゲームの中に入ってしまうとやっぱり娘のプレーにイラついてついつい強く言ってしまう。。

 

反省です。。

 

やっぱり外から観てた方がいいんですかね。。

 

まぁ、娘の良いプレーは間近でたくさん褒めてあげられたから良しとするか。

 

さて、相手もうちも2チーム出しでうちは均等分け、相手はA・Bチーム分けだったのですが。

 

大体、同じくらいの実力の相手でAチームには0-5で負けて、Bチームには5-0くらいで勝つってゲームが続いていました。

 

するとうちのチームのコーチも途中でA・Bチーム分けにして対抗。

 

Aチーム同士のゲームで勝って嬉しそうにしてるアホコーチを横目に私は呆れかえってました。

 

なんで我慢ができないんだろう?良い年の大人が。。

 

チーム分けはどちらが良いかは以前書きましたが、娘のチームのコーチは子供達の成長には均等分けが良いっていう考えがあって最初は均等分けにしてるのに。

 

なんで途中で変えちゃうの?

 

0-5で負けるのがそんなに嫌なの?

 

もうほんと目先の1勝欲しさに目がくらみ子供達の未来の事を最後まで考えられない指導者ばっかり。

 

呆れすぎて体が震えちゃうよ。

 

こんなに震えるのオレと会いたくて震える西野カナくらいだよ。

 

Bチーム行きとなった娘は相手のAチーム相手に最後0-0で引き分けてた。

 

サッカーって不思議なもんですね。

 

それにしても最近の娘のプレーは見ていて面白くなってきた。

 

シュート、ドリブル、パスをだんだん上手く使いこなすようになってきて判断も悪くないし、私の予想を超えるプレーも出てくるようになってる。

 

もちろん修正するところはたくさんあるんだけど、これからが楽しみ。

 

「サッカー選手はファンを楽しませなきゃいけないんだからね。パパは君のファンだからパパを楽しませなきゃいけないんだからね。」って娘にはいつも言ってる。

 

いつか私だけではなく色んな人を楽しませる選手になってくれたらなと願って止まない父ちゃんなのであります。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村