間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

うちの娘はバロンドールを取ります

言霊って信じますか?

 

おいおい、コイツとうとう宗教に染まり出したか?って感じだけど私は無宗教です。

 

自分の発した言葉には魂が宿る。

 

私はそう思ってます。

 

そんなスピリチュアルなものではないとは思うんだけど自分が発した言葉には責任が発生しますよね。

 

そんなの関係なしにその場で思いついた事、好き勝手言いまくる人も少なくはないけども。

 

ビジネスの世界でもコミュニケーションはもちろん言葉な訳で、自分が言った言葉に責任持たずに「そんな事言ってないですよ。」なんて言っちゃう人も中にはいる。

 

私、「言った、言ってない。」で揉めるほど馬鹿らしい議論はないと思う。

 

もう、証明しようがないんだから。

 

そんな事を国会で議論しちゃうんだから本当にくだらない。

 

一緒のホテルに泊まっておいて「一線は超えてません。」って言っちゃう議員くらいくだらない。

 

話がそれたけど、発した言葉はその言葉を発した人によって全然意味が違ってきますよね。

 

身だしなみが汚いヤツに「お前なんかだらしないな。」って言われても全然説得力がない。

 

心理学的にも「私はできる。」って思いながら行動するのと、「私ならできるかも。」と思って行動するのとでは「私はできる。」と思って行動した方が成功率は上がるんだそうです。

 

それを踏まえた上で書きます。

 

私の娘は将来、なでしこジャパンの一員としてワールドカップ、オリンピックで金メダルを取り、バロンドールも取ります。

 

「あーこいつ典型的な痛いやつだ。」、「あらあら必死になっちゃって。」、ほとんどの人がそう思うんだろうけど。

 

こうやって言葉を発信する事で私には責任が生まれる訳で。

 

その責任を果たすためにこれからも正しい方向に頑張っていかなきゃなって自分への戒めも込めて書きました。

 

まぁバカにする人はバカにすればいい。

 

できなかったらできなかったで素直に謝るし。

 

そんな未来までこのブログ続けてる自信ないですけど笑

 

不摂生でそんな未来まで生きてる自信もないですけど笑

 

でも娘が挑戦し続ける限り、なるべく可能性をあげてあげることが親の役目だと思うので。

 

バロンドール取れるかも。」、「そんなの無理だよ。」、そう思って娘の可能性を下げたくないので。

 

友達にも「うちの娘バロンドール取るから。」ってちょいちょい言ってるけど大体笑って終わられる。

 

父ちゃんは現実社会でもネット社会でもバカにされる存在かもしれないけど、私の頭の中にはいつも「今に見てろよ。」って言葉がある。

 

今に見てろよ。

 

待ってろ世界。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村