間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

本田圭祐選手のツイッター投稿

本田圭祐選手が昨日自身のツイッターで指導者ライセンスについて投稿がありました。

 

「サッカーの指導ライセンスについて。 

 

指導テストなど別に必要ない。

 

 必要最低限のルールテストで合格すればS級を渡すべきで、その方が絶対にサッカー界にとって有益なんです。

 

 そもそも指導法に正解なんてないんですから。 

 

1人では何も変えられないので皆でルールを変えましょうよ。」

 

多分S級ライセンスだけの事を書いてるんだろうけど。

 

まぁ住んでる世界が違い過ぎて見えてる景色も全然違うんだろうけど。

 

日本サッカー界の一番の問題はジュニアサッカーでの指導者不足と指導力不足だと思うんです。

 

サッカーをやろうって子はたくさんいても、その子達の才能を最大限引き出せる指導者なんてほんの一部でほとんどの指導者が学びもせずに子供の才能を潰してる。

 

そもそも指導者が足りてないから経験もないお父さんが誘われてまたまた学びもせずに子供達の指導にあたってさらに子供の才能をガンガン潰してる。

 

学ぼうとする人には日本サッカー協会は色々してくれるけど、学ぼうとしない人には何にもしないで放っておくだけ。

 

親も親でろくに指導者も見ないで「近いから」という理由だけでチームを選び、怒鳴る指導者に「厳しくして頂いてありがとうございます。」、「厳しく指導してもらって忍耐力を養おう。」なんて考えちゃってる人も多々。

 

そして学びもしないくせに指導者に文句言ったり審判に文句言ったりする親達も多々。

 

もう、不のスパイラルが酷過ぎて誰かが頑張ったところでお手上げ状態。

 

書いたらきりがないけど日本サッカー界の一番基礎となる土台がこんなんだから日本ってサッカー弱いんだと思ってる。

 

S級ライセンス取るのが大変過ぎるってのもわかるんだけど。

 

ピラミッドの頂点ら辺の話だけされても土台でもがいてる私にとっては全然心に響かない。

 

これだけ書いてるけど本田選手の事は大好きです。

 

発信力のある人だからこそ、日本サッカー界の一番の問題に気付いて発信していって欲しいなと思うんです。

 

「指導方に正解はない」ってのもわかるんだけど。

 

今は科学的だったり心理学的だったりな研究で正しいとされている方向、間違っているとされている方向は示されている時代。

 

もちろんそれを疑う姿勢も大事なんだけど正しいとされている方向に向かって指導しないとダメだと思うんです。

 

子供達の命を守るメディカル的な事も勉強しないとダメだし。

 

「最低限のルールテスト」が何を指すのかはわからないけど、日本サッカー界の土台を全く意識してない感が漂ってきます。

 

たぶんこのままだと気付かないんだろう。

 

でも気付いて発信していって欲しい。

 

今度手紙でも書いてみようかな。

 

リトル本田の心に響けば良いけど笑

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村