間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

ユニセフからのサッカーからのお祭り

土曜日は娘とJクラブのイベントに参加してきました。

 

ユニセフ勉強会と親子サッカー教室で初めはユニセフ協会の人の話と映像を見てお勉強。

 

言うまでもなく日本って恵まれてて、世界には5歳まで生きれない子供達がたくさんいる。

 

娘も何か感じることがあったようで、良い機会になりました。

 

その後は親子サッカー教室で楽しく蹴れました。

 

娘と一緒にこうやってサッカー楽しめるのもいつまでなのかな。

 

夏休みはこのJクラブがたくさんイベントをやってくれるのでなるべく多く参加したいと思います。

 

もともと、このクラブのスクールの体験には参加したのですが場所が遠く、確実に嫁さんからNGが出るので諦めていたんです。

 

普段参加できない分、夏休みにたくさん参加して「この子の親御さんはいらっしゃいますか?ちょっとお話が。」的な事があるのもちょっと期待しつつ見ていたいと思います。

 

親子サッカーから急いで戻って、娘のチームが出店しているお祭りのお手伝いに向かいました。

 

毎年、揚げタコ焼きのお店を出していてコーチ陣が作ったり売ったり。

 

お祭りって行くのも楽しいし、出店する側も楽しいですよね。

 

完全に酔っぱらいながら客引きしてたらつい飲み過ぎてしまいましたが。。

 

チームの子達も買っていってくれたり、OBの子が昔からいるコーチに会いに来たり。

 

普段文句書きまくってるけど、こういったお祭りに参加するのって本当に良い事だと思う。

 

運営費の足しにもなるし、子供達も大人達も楽しいし、そんな気持ちでサッカーもできたらな~と思うんだけどそれはできないんだろうな。。

 

たまに思うんだけど今教えてる子達が中学、高校生になってもサッカー大好きで頑張っていて、「コーチ!久しぶり!」なんて街中で声を掛けてくれるんだろうか。

 

もし掛けてくれた時どんな気持ちになるんだろうか。

 

今からちょっと楽しみだけどまずは声を掛けてくれるように普段から優しく接していこうと思います。

 

「そういえばアイツいっつもクソ楽しそうにサッカーしてたな。サッカーの楽しさ教えてくれたのはアイツかも知れないな。」なんて思ってくれたら最高の幸せです。

 

最近はチームの活動を休みがちで全然イラついてないので心が週明けから穏やかな私です笑

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村