間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

シュートかドリブルかパスか

月曜日の娘のサッカーの試合を見てて気づいたんだけど。

 

娘だけじゃなくて他の子もだんだんパスをするようになってきてたし、他のチームの子達もパスをする子が増えてきた。

 

ボールを持った時にするプレーって大きく分けて3つだとずっと思ってきていました。

 

シュートかドリブルかパスか。

 

最近はボールを持った時にする事って実は2つなんじゃないかと思うようになってきました。

 

それはシュートかボールを運ぶか。

 

シュートを打って入らなそうだからシュートを打って入りそうなところまでボールを運ぶ。

 

そのボールを運ぶ手段としてドリブルとパスがあるんじゃないかと。

 

「細けーな。」って感じだけどその辺のニュアンスはこだわって教えていきたい。

 

ドリブルが良い時もあるしパスの方が良い時もあるし、どっちの方が大事とかなくどっちも大事。

 

だから以前書いた「うちは代々パスサッカーです。」って強豪チームには違和感しかない。

 

毎週木曜の娘のサッカースクールの後に別のサッカースクールがあるんだけど、そこの指導方針は「ドリブルで相手に勝てる選手を育てる。」なんだそうだ。

 

まぁ、サッカースクールを運営するのには指導方針とかポリシーみたいなものを決めて、それをアピールして子供を集めなきゃならないんだろうからなんだろうけど。

 

やっぱりドリブルで相手を抜くのって見てて目立つし、我が子にそうなってもらいたいんだろうから親がくいつくんだけど。

 

やっぱり違和感しかない。

 

ドリブルも大事だし、パスも大事でどっちの方が上とかないんじゃないかと思うんです。

 

だって同じボールを運ぶプレーなんだもん。

 

やっぱり細かいですかね笑

 

シュートとボールを運ぶプレーでどっちが大事かっていったらシュートです。

 

シュート打って入るんだったらドリブルもパスもする必要ないし。

 

私、子供達とゲームする時ゴール入りそうだったら超遠くからでもシュートします。

 

「コーチずるい!大人げない!」ってめっちゃ言われるけど。。

 

「だってシュート打って入るんだったらドリブルとかパスとかめんどくさいじゃん!」っていつも言い返す。

 

だから私がサッカースクールを運営するのであれば指導方針は「シュート・ボールを運ぶ技術と判断を磨きます。」って感じですかね。

 

確実に子供集まらなそう笑

 

でも日本人ってシュートとドリブルとパスの判断が悪いと思うから。

 

「シュートが一番大事なんだぞ。シュート打っても入らなそうだからドリブルかパスか、その時の判断で良い方選ぶんだぞ。」って娘には伝えていきたい。

 

「パパ細かい!」って言われそうだけど笑

 

「そこ打てよ!」ってところでパスする選手にはなって欲しくないから。

 

父ちゃんは細かく考えてなるべくシンプルに伝えていくのであります。