間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

「あーあ…」ってなっちゃう大人達

いきなりクイズです。

 

あるマラソン大会のラストスパート、ある選手が4位の選手を抜いたのに表彰台に登れませんでした。

 

それはなぜでしょう?

 

直感でお答えください。

 

よーく考えるとわかっちゃうので。。

 

 

 

 

 

答えです。

 

 

 

 

4位の選手を抜いても4位だから。

 

まぁ、当たり前っちゃあ当たり前ですよね。

 

ちなみに私は引っかかりました泣

 

「4位の選手を抜いたけどその後ろの選手に抜かれたからでしょ!」って思ったけど全然違った。。

 

こうやって物事を文字とか言葉で見るのと実際に見るのとでは時に全然違って見えるという事なんですね。

 

だから子供のサッカーも「ちょっと遠いからやめておこうかな。」って時もなるべく行って、子供の頑張っている姿を見てあげた方が良いですね。

 

あーだこーだ言うのはもってのほかですが。

 

さて、日曜日の大会での事。

 

2チーム分けで娘のチームは予選で敗退しましたがもう1チームは予選を抜け、決勝トーナメントまで進出したんです。

 

トーナメント1回戦で1-1だった時にある子供がオウンゴールをしてしまいました。

 

オウンゴールをしてしまった子は優しい性格で「うわー…やっちゃった…」という顔で落ち込んでいます。

 

味方もベンチにいる3人のコーチも見に来ていたお母さん達も「あー、入っちゃった…」という顔をしています。

 

私がたまたま近くで応援していて、声が届きそうだったからオウンゴールした子に「○○!気にするな!大丈夫、大丈夫!」というと首を一回縦に振りまた生き生きとプレーに戻っていきました。

 

子供達に要求するのは難しいのかも知れないけど、ベンチに3人もいるコーチ位はなんか声かけてやれよって思ってしまう。

 

普段余計な事ばっかり言いまくってるくせに、こういう時になんにも言わないってなんなのよ?

 

普段めっちゃ元気なのに遠足の時だけ熱出す子だったの?みんな。

 

まわりで見ているお母さん達もせめて「あーあ…」って雰囲気出すのはやめて欲しい。

 

失点したり、シュート外したりネガティブな事が起きた時に大人達がかもし出すあの「あーあ…」って感じ。

 

そんな雰囲気は必ず子供達に伝わってだんだん失敗する事が怖くなってしまう。

 

その結果、チャレンジしなくなっちゃうんです。

 

何か良くない事が起きた時、「ドンマイ!切り替えよう!」って言える娘になって欲しいし、そういうチームになって欲しいと私は思ってる。

 

「何回も失敗してチャレンジし続けたヤツが一番成長するんだからね。」って教えていきたいと思ってるし、私自身もチャレンジと失敗を繰り返して成長していきたい。

 

そんな父ちゃんの背中を娘は必ず見て、追っかけて来てくれると信じてるから。

 

そしてこんな父ちゃんなんかあっという間に通り越していって欲しい。

 

だから行ける時はなるべく娘のサッカーを見に行って成長を目に焼き付けたいと思う。

 

まぁ、イラつく事ばっかりですが泣

 

これって何かの修行なんですか?ってくらい我慢の連続ですが泣

 

そのうち悟りが開けそうです笑

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村