間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

ラフプレー軍団現る

日曜の大会にムカつき過ぎて娘の事を書くの忘れてました。。

 

試合数の事は書いたけど、こういった大会の良いところは普段やらないようなチームとできる事。

 

また、ルールやピッチの大きさ、地面の質などなど普段と違う条件でやれるのも子供達にとって良い経験になりますね。

 

後は試合数だけなのに… ←まだ言うか

 

大会の前のルール説明でびっくりしたのが、「基本的にファールは取らないでください。」って言われた事。

 

どこかの地域のルールに則ってやってるとの事なのでその地域はそういうルールなんですね~、面白い。

 

ラフプレーに関しては意見が分かれるところで、私はジュニア年代のサッカーには要らないと思っていますけど、結局どうなんでしょう?

 

「でも危険なプレーはファール取って下さい。」と言われ、「大体のファールは危険だと思うんですど!」って心の中でツッコミ笑

 

まぁ郷に入っては郷に従えなのでその判断基準で審判をやりました。

 

さて、1試合目で対戦したチーム。

 

相手はテクニックがある選手が多いし、小3にしてはドリブルとパスを上手く使い分けてたし、ルールに慣れているのかうちの選手を押しまくり引っ張りまくり、倒しまくり。

 

ラフプレーは取りあえず置いといて良いチームでした。

 

結果は0-1で敗戦。

 

2試合目は打って変ってラフプレーなしのクリーンなチーム。

 

結果は4-1の勝利

 

娘はというとまたもやボール怖がり病が発症。。

 

「サッカーでボール怖がるって、パン屋さんがパン作るの嫌だって言ってるようなもんだからね?」って娘に言ったら笑ってたけど、「笑いごとじゃねーんだよ!」と小一時間叱りたい気持ちをグッと堪えてその夜お酒と一緒に飲みこみました泣

 

どうやったらボール怖がるの直るんだろう?

 

「ヘディングできるようになれば大丈夫じゃない?」って娘がお気楽に答えてたけど。

 

女性は男性に比べて空間認知能力が低いから今のところ仕方ないのかな。

 

地図読めない女性が多いのもこれが関係してます。

 

まぁ、焦らず色々試していけたらと思う。

 

その他はそんなに気になるプレーはなかったかな。

 

逆に輝くプレーもそんなになかったけど泣

 

でも1試合目のラフプレー軍団の男の子達3人をドリブルで抜いたり、押されたり引っ張ったりするのに耐えたり、2試合目でアシストしたり良いプレーもちょっとあって父ちゃんは誇らしく思うのであります。

 

軋むベッドの上で優しさ持ち寄りたい気分です。

 

勝手に始めた尾崎縛りはそろそろキツいので今日で辞めます爆

 

男の中でサッカー頑張ってるってだけですごい事。

 

焦らず娘の成長を見守っていけたら。

 

頑張れ!OH MY LITTLE GIRL

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村