間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

パパコーチって罰ゲームなんですか? 夜中の独り言

今日はフットサルの個人参加に参加してきた。

楽しくボールを蹴れたのだけど。

たまたま、娘のチームのお父さんと同じチームになった。

その人の子供は小1。

お父さんはめっちゃ上手いけど、コーチではないそうだ。

私が、「そんなに上手いならコーチやったら子供達の為になりますよ!やったらどうですか?」と言ってみたら返ってきた言葉は、
「休みの日にわざわざ時間潰してまでやりたくないです。
どっちかっていうと教えるより、自分がプレーしたい感じなんですよ。
教えるなら自分の子供だけで良いですね。」
との事でした。

別に考え方は人それぞれなので否定はしないけど。

私もそんな気持ちもゼロではないけど。

なんか悲しくなりました。

自分の子供さえ良けりゃ良いんですね。

パパコーチって上からこき使われて、子供達の為に頑張って。

こういう風に、自分の子供だけで良いって人が大多数の中で他の子にもサッカーを教えてる。

もちろん、酷いパパコーチもいるんだろうけど。

自分の子供だけで良いって、めちゃくちゃ高いハードルを超えて指導に当たってる。

それなのに上から信用されなくて。

なんなん?

何かの罰ゲームなん?

のほほんと見てる方が評価されるの?

オレだってのほほんと子供のサッカー見てのほほんと動画撮ってたいわ。

あんたらの指導力不足だから頑張ってるんだろうがゴルァ。

うーん、なんかめっちゃモヤモヤするけど。

コーチやってるからこその気付きや喜びがあると思うので。

外から見てるだけじゃ絶対わからない事があると思うので。

自分の子供の側で成長を見守れる喜びがあると思うので。

まぁ、頑張ります。

自分の子供だけで良いなんて親には絶対わからない事がジュニアサッカー指導の現場には転がってるから。

そんな喜びを一つ一つ拾って喜びながら。

日本のジュニアサッカーの育成の柱のほんの小さな支えのひとつになれたら。

そんな人達がどんどん増えていって、太く強い柱になっていけたら。

私だけじゃどうにもできないけど選挙みたいなもんだと思うから。

気長に頑張ります。


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村