間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

蹴り方がわからない

私は高2の時にサッカー部に半年いただけでそれ以外は遊びでやっていた程度。

 

大学4年からフットサルにハマり今に至るわけですが。

 

「ボールってどうやって蹴るの?」って聞かれたら、「知らん。」と答えます。

 

私、キック力はそこそこあるしコントロールもそこそこある方だとは思いますが誰かにボールの蹴り方を教わった事はありません。

 

基本的な事やコツなんかはアドバイスしてもらった事はあるけど自分で練習して自分の形を見つけていきました。

 

多分、それじゃダメなんだろうけど。

 

蹴り方とか書いてある本とかブログとかあるんだけど、見ても全く頭に入ってきません。。

 

まぁ、感覚派なので。。

 

ブルーハーツ甲本ヒロトが「いまだに歌い方がわからない。」って言ってるけど、本物の天才ってそんなもんなのかも知れませんね。

 

試合で点取りまっくて「オレ、いまだにボールの蹴り方がわからないんだよね。」って言ってみたい。

 

キーパーだから無理だけど。

 

野球のピッチャーとかバッターとか見てると、同じ「投げる」、「バットを振る」という行為なのに様々な形やタイミングの取り方がありますよね。

 

きっと基本を忠実に守りながら自分がやりやすい形を見つけていったハズ。

 

ボールの蹴り方も一緒なんじゃないかと思うんです。

 

もちろん、当てる場所とか軸足の位置や向きなどなど基本的な事は教えるけど、それ以外の蹴り方とかタイミングの取り方は娘が練習する中で見つけていってくれたらと思う。

 

天性の物もあるだろうし。

 

蹴ったボールの質の良し悪しはわかるので、これからも娘のキックの練習に付き合っていけたら。

 

でもきっと蹴り方に詳しい指導者に教えてもらった方が良いんだろうなぁ。

 

ある程度蹴り方の勉強はしてるけど私ができるようにならないと説得力ないしな。。

 

これから入るであろうトレセンやJ下部チームの指導者にお任せした方が早そう。。

 

父ちゃんは甲本ヒロトスタイルでいこうかな笑

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村