間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

あの有名な海外チームの夏休みキャンプ

ジュニアサッカーの色々な情報サイトを見ていると、色々なチームの夏休みキャンプの募集が始まっている。

 

有名なところだとバルセロナアーセナルACミラン(今年はやるのか?)などなど。

 

後は独自にコンセプトを持ってキャンプを企画して募集をしたりしている。

 

正直な話、お金があったら一度は行かせてみたいけど大体3~4日で10万円が相場。

 

もっと安いのもあるけど、気軽に行かせられるような金額ではない。

 

そもそもこういったキャンプは意味があるのかって話になるけど。

 

個人的な考えだと意味なくはないけど、効果はそれほどないかな~と思っている。

 

もちろん良い経験や思い出にはなるとは思うけど費用対効果はそれほどでもない気がする。

 

まぁ、参加させたことないからわからないけど。

 

だいたい「このキャンプで有名チームの技術・ノウハウ・メソッドが身につきます!」とかっていうのがうたい文句になってるのがほとんどなんだけど、3~4日で子供が劇的に上手くなるんだったら我々指導者の役目なんてほとんど意味ないですね。

 

もちろん有名チームの指導者の足元にも及ばない事はわかるけど、こっちだってそれなりに学んで試行錯誤しながら指導に当たってる。

 

指導者にとって一番根底にある大切なものは持ってる自信もある。

 

良くも悪くも3~4日で子供達のプレーが劇的に変わったなんて事は一度もない。

 

「こうなって欲しいな。」ってテーマがあって、子供達の指導に当たるけどホント我慢の連続です。

 

何か月か経って、「おっ?やっとちょっと変わってきたかな?」て感じ。

 

キャンプで教わった事を事細かに覚えてて、ずっと継続して意識していける子だったらキャンプの意味あるんだろうけど。

 

そんなミラクルな小学生います?中にはいるのかも知れないけど。

 

それに日程見てると4日間毎日練習で3日間は午前午後の2部練習だったりするのがほとんど。

 

日程上仕方ないのかも知れないけど、明らかにオーバーワークです。

 

娘のチームにはそれぞれ別の有名チームのキャンプに行った子が1人ずついるけど。

 

私が見る限り、2人とも行く前と行った後で全然変わってません。

 

後々その経験が生きるのかも知れませんが今のところ効果は?ですね。

 

こんな事書いたら、なにか大きな組織に消されそうだけど。

 

ブログの更新が止まったら消されたと思ってください笑

 

でも良い経験・思い出になるっていうのは事実だし、正直羨ましいので宝くじにでも当たったら娘を行かせようと思います。

 

こういったキャンプ行かせようか悩んだ時期もあったけど、同じお金をかけるのであれば継続的に娘の為になる方が良いと思い、C級コーチライセンス講習を受講する事にしました。

 

5万くらいかかって結構痛手だったし私自身、毎週毎週受講して結構辛かったけど同じお金をかけるんだったらこういった事にお金をかけていきたいなと思います。

 

あとは消されない事を祈るばかりです。。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村