間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

「足出すな!」で良いんでしょうか?

日曜日は娘のチームの通常練習。

 

練習メニューもなかなか良かったし、うるさいコーチ達はあんまりうるさくなかったので良い練習になったかと思います。

 

私が何回か伝えた甲斐があってか、練習中の声掛けは少しずつだけど良くなってきてる。

 

この感じをゲーム中もできれば良いのだろうけど、ゲームになるとやっぱり良いコーチングとは言えない事が多いですね。

 

公式戦ともなるともっと酷くなるし、交代全然しないし。

 

そんな酷い姿になるのなら、いっそのこと公式戦なんかなくても良いと思う。

 

子供に取ったら練習の後のゲームも練習試合も招待試合も公式戦も関係ないし。

 

子供にとってゲームは何より楽しい場所だし、一番成長できる場所。

 

そんな場所を奪うための公式戦なんて意味がないと思うのです。

 

この日の娘を見てて思ったのはだんだん顔が上がってきたなという事。

 

今まで全然まわり見えなかったところから少し成長したけど、まだまだ判断が遅いからそこが課題ですね。

 

あと今までディフェンスですぐ一発で足だけでいって抜かれまくってたけど、最近は我慢して付いていくようになった。

 

これはこれで大きな成長だと思うんだけど、最後までただ付いていくだけだから結局シュートまでいかれて何回も失点してた。

 

これも課題なので今後修正していかないといけません。

 

というか、課題を1個クリアするごとにまた次の課題が出てきて安心する暇がありませんね。。あぁお腹が痛い泣

 

良い指導者ってディフェンスどうやって教えてるんですかね?

 

グラスルーツレベルの指導者だと、「足出すな!」、「付いていけ!」ってのはよく聞くけど。

 

個人的にそんな指導が日本のサッカー界全体の課題となっている気がする。

 

1対1で足を出さずにずるずる下がって付いていく選手は大人でも非常に多いし、プロでも見かける。

 

たまにしか見ないけどニュースなんかで見るヨーロッパの試合だとずるずる下がる選手なんてあんまり見たことない気がするんだけどなぁ。

 

まぁ感覚派なのでザックリ教えてます。

 

「1対1で抜かれるか点取られたら負け、付いていく事ができて引き分け、ボールを奪えたら勝ちだからね。」って。

 

奪い方は彼女がたくさんチャレンジして失敗して見つけていけば良いと思うし。

 

私も勉強して実践してるけど全然コツがつかめません笑

 

きっと娘の方が早くコツつかむんだろうなぁ。

 

そうしたら教えてもらおう笑

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村