間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

コーチはお父さんの代わり?

土曜日は月に1回の女子サッカー練習会でした。

 

今回は人数が少なく、1~2年生、3~6年生の二組に分かれて練習。

 

私は1~2年の女の子達と練習する事に。

 

「娘見れないじゃん!」というつっこみを心の中でしておいて、しっかり切り替えて練習。

 

1~2年生だとしっちゃかめっちゃかですね笑

 

まぁ、楽しくサッカーできました。

 

この練習会でいつも思うのが、甘えてくる女の子がすごい多いという事。

 

最近、女子小学生を狙った犯罪とかが多いので指導者側も誤解されないようにしているのですが、向こうから抱き着いてきたり腕にぶら下がってきたり。

 

「抱っこして!」とか「おんぶして!」とか「肩車して!」とか言ってきたり。

 

そんな趣味もないので逆に気使ってるこっちが困ります。。

 

攻撃的な子は殴ったり蹴ったりしてきたり泣

 

あとはわがまま言いまくったり。

 

この日は異常に疲れました笑

 

あくまで私の推測だけど、こうやって甘えてくる子は父親と普段遊び足りてないのかなと思うんです。

 

うちの娘は私がめっちゃ一緒に遊んでいるのであまり他のお父さんとかに甘えてるの見たことないし。

 

近頃の女子ジュニアサッカーの指導者はお父さんの代わりもやらなきゃならないんですかね。

 

家庭の事情でお父さんがいなかったり、単身赴任してたりする事もあるんだろうけど。

 

なんとも悲しい話です。。

 

さて、娘はというと4~6年生の中に入って頑張ってましたね。

 

「今日は2点取る!」って言ってたけどさすがに一番下の学年なので厳しかったかな。

 

そんな中でもドリブルで高学年の子の中を切り裂いたり、良いパス出したり、惜しいシュート打ったり。

 

「おいおい。」とつっこみたくなるプレーもてんこ盛りだけど。

 

私の声が決して届かないところで頑張る娘の姿を見てその成長を嬉しく思う父ちゃんなのでした。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村