間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

とある強豪チームの話

私の娘の所属しているチームの地区にはいわゆる強豪とされているチームが2つある。

4年生までの公式戦は5人制で何個かのブロックに分かれてそれぞれ優勝を目指すんだけど2つのチームは2チーム分けにしても両方優勝しちゃう位のレベル。

少なくともメダルを逃すのは見た事ない。

そんな1つのチームは1年生の頃から見事なパスサッカー。

キレイに広がり、パスをつないで相手が止められないようなゴールを決めるのが特徴。

他のチームの事だし、指導方針の違いだから別に良いんだけど私だったら娘をこのチームには入れないかな。

日本人にはパスサッカーが合うっていうのは他の国と比べて体格差があるとか、足首が外国人と比べて柔らかいから1歩2歩ならスピードが速いとかチームワークが良いとかそんな理由なんだけど。

だからといって1年生から「うちはパスサッカー」っていうのはちょっと違和感がする。

話を聞くとこのチームは代々パスサッカーなんだとか。

確かにパスも大事なんだけど。

サッカーの原理原則でいくと1番始めに目指すのはパス繋げる事ではなく、ゴールなはず。

子供の頃からパスを繋げる事ばかりやっていたら「シュート打てんだろ!」時にもパス出しそうな気がしてしまうんですよね。

指導者がどう教えてるかわからないけど。

しかも大人になってもそういう人ってめちゃくちゃ多い。

まぁ羨ましいですけどね、こっちは「ありゃ~そこはパス考えられなかったの?周り見てた?」っも思う事ばっかり。

ちょっとしたニュアンスの違いだけど、「まず目指すのはゴールなんだぞ。」っていうのを常に頭において指導していきたい。

このチーム、最後の試合で、この日1点も取ってない子がいて、応援してるコーチと子供達が「〇〇に点を取らせろ~!」って応援してたけど、それもサッカーの原理原則に反する行為。

あと、普通に1桁差とかで勝つんだけど審判をやると「何対何だった?」って聞いてくる。

確かにたくさん点入るから覚えられないのかも知れないけど。

「何対何だったと思う?」って聞くと「えっと~、11-0?」とか違う答えばっかり。

いやいや君ら1点取られてるがな。

「ブブー!10-1だよ。点数覚えてないと勝ってるか負けてるか分からなくなっちゃうよ?」って言っておいたけど。

これもちょっと危ない傾向な気がする。

ちなみにこの子達、この後やけに私に懐いてきて、靴下着替えてたら臭い嗅ごうとしてきた。

これはかなり危険な傾向ですね笑

やっぱり子供はかわいい。

このチームの指導者がしっかりしている事を心から願います。


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村