間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

自分の子供だけ応援する人にはなりたくない

ジュニアサッカーの試合で応援に来てるお父さんお母さんを見ていると気付くことがある。

 

応援する時に何も言わずにずっと観ている人、逆にすごい声を出して応援する人、あと一番多いのが自分の子供だけを応援する人。

 

どれが良いのかとか意見が分かれるのかも知れないけど、まぁ普通に考えたら自分の子供の応援に来てるんだから自分の子供がボールに関わっている時だけ声出しますよね。

 

子供にとってはお父さんお母さんが応援してくれている(文句は除く)っていうのはきっと嬉しい事なんだろうし良い事だとは思うけど。

 

もっと大きな目で見たら他の子も同じように応援してあげたら良いんじゃないかなぁと思うんです。

 

私はコーチという事もあるけど、他の子もめっちゃ応援します。

 

そんな私の姿を見てか、最近娘がベンチにいる時にゲームをしている味方へ応援だったり声掛けをしてる姿をちょいちょいみる。

 

特に「声出せ。」とかって教えてないけど。

 

すぐに集中力切れて砂いじりするけど。

 

ゲームに出ている時も味方と話したり、声を掛けたりすることがだんだん多くなってきた。

 

この年代だとゲーム中声出せる子ってあんまり見たことない。

 

そんな娘を父ちゃんはちょっぴり(ちょっぴりじゃないけど)誇りに思うのです。

 

私はキーパーだから誰よりも声の重要性を知っている。

 

声掛け一つでピンチを救えたり、チームを勢いづけたり、誰かを救えたりする。

 

その逆もあるんだけれど。

 

子供って本当に親の事を良く見てる。

 

それで良くも悪くも親のマネするんですよね。

 

だからこれからもめっちゃ声出して娘だけじゃなくて子供達みんなを応援しようと思います。

 

実際、みんなに頑張って欲しいし。

 

10分ハーフで2試合もやったら結構疲れて声出なくなってくるけど。

 

娘の為にも声を出し続けようと父ちゃんは思うのです。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村