間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

悪い指導者 子供に八つ当たりするコーチ

テニスの錦織圭選手がラケットを破壊したのを見て。

 

正直みっともないなって思う。

 

あんな世界の舞台で戦ってるってのはもちろんすごいし尊敬するんだけど、物に当たるのはどうだろう。

 

あと物に当たる競技で思い当たるのが野球。

 

バット折ったり、ベンチ壊したり、グローブ叩きつけたり。

 

YOSHIKIかお前らは。

 

あれ、格好良いと思ってるんですかね?

 

なんか野球界だと当たり前になり過ぎてて周りの人もマスコミも批判したりしない。

 

サッカーだとあんまり当たる物ないから相手へのチャージが激しくなったり、味方に当たったり。

 

私はキーパーなので若い頃はポスト殴ったり、失点した後、地面殴ったりしてましたね。。

 

今思えば恥ずかしい。。

 

経験則で言えば試合中、何か物に当たったり人に当たったりして良かった事なんて一度もない。

 

「この野郎!」って気持ちをルールの範囲内でやり返すことは良い事だと思うけど。

 

気持ちが熱くなる事は良いけど、心のどこかでは平常心を保っていないと。

 

自分のフットサルの試合だとできるのに子供のサッカー見てるときはなんであんなに難しいんですかね…

 

だいぶ平常心で見れるようにはなったし、イライラしてるのを隠して話せるようにはなったけど。

 

もっと穏やかな気持ちで応援してあげたいものです。

 

さて、先日の娘の試合でもいました、怒鳴っている指導者。

 

「おい!気持ちが足りないんだよ!気持ちが!もっと走れ!」

って怒鳴ってた、結構な歳だったけど。

 

個人的な考えだけど、ジュニア年代のサッカーで精神論は要らないと思ってる。

 

私かなりの精神論者だけれども。

 

「やる気あんのか!」みたいな声も聞こえたけど、やる気が出てくるような雰囲気つくりだったり、「もっと頑張ろう!」って思えるような環境だったりを作るのは指導者や親の役目だと思う。

 

もちろんそれが難しかったりするんだけど、その作業すっ飛ばして怒鳴るのは本当格好悪い。

 

自分の指導力じゃどうもできないから怒鳴って子供達に八つ当たりしてる訳です。

 

上にも書いたけど、子供達に当たったってきっと良い事なんて一度もない。

 

自分への戒めも込めて書くけど、こんな格好悪い大人にはなりたくないなぁと思います。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村