間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

最後まで諦めない大人でいたい

日曜日は娘のサッカーの試合でした。

同じ市内で毎回タイトルを取っている強豪の2チームと二試合ずつ。

結果は1分け3敗。

今落ち着いて考えれば、娘のプレーは良い所もあれば悪い所もあった。

その日は悪い所ばっかり目についてイライラMAXだったけど。。

他の子なら大丈夫なのになんで自分の子だとこんなにもムカつくんだ。。

教えて偉い人。。

私が心底嫌いなプレーが2つある。

それはサボるのとボールを避けるというプレー。

特に自分のミスでボールを奪われたのに上がったまま戻らないのは本当にムカついてしまう。

ボールを避けるのも、こっちは体張ってゴール守ってるのになに避けとるんじゃゴラァって気持ちが強い。

娘はこの2つのプレーの常習犯だから余計に腹が立つ。

でも彼女からしてみたらサボってるという気持ちはないんだと思う。

頑張ってるのは知ってるし。

ボールを避けちゃうのも、男の子の中に混じって頑張ってる証拠。

やっぱり、小学3年生でも男女の差は大きい。

上手い男の子のシュートは凄い速いし、さぞかし怖いんだろう。

その場ではなるべく言わないようにしたけどやっぱりその日の帰り、イラつきながら娘と会話してしまった、ホント反省。。

落ち着いてからボードを使って説明したけどわかってくれたのかどうか。。

どう声をかけたら、どんな練習をしたらわかってくれのかお腹が痛い日々は続きそうです泣

ちなみに娘は強豪チームの男の子をドリブルで抜いたりしてた。

今までの課題だったディフェンスも良くなってきてたし、良いパスも出してた。

でもピンポイントで私の嫌いなプレーするもんだから泣

根気良く感情的にならずに伝えていけたらと思う。

それが1番難しいんだけど。。

話は変わるけど、負けた試合は結構な大差で負けました。

他のチームや自分のチームの指導者や親達を見てて思うのが大差がつき始めると何にも言わなくなる人って結構多い。

経験則で書くとだいたい9割くらいの人が黙り込んじゃう。

勝負を諦めたから?

かける言葉もないから?

理由は知らないがサッカーは最後まで何があるかわからない。

最後の最後まで、
「頑張れ!まだまだいけるぞ!」
「1点いこうぜ!まずは1点!」
って諦めない指導者、親でいたいと思って声を出すように心がけてる。

そんな言葉を聞いて最後まで頑張った子供達は最後まで諦めなかったからこそ得られる奇跡だったり経験だったり、メンタルだったりを持ってるくれると信じてるから。

子供が頑張ってるんだから大人も頑張ばらなきゃ。

間違った方向じゃなくて正しい方向に。


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村