間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

ジュニアサッカー界の「自分は絶対正しい。」が大前提の人

サッカーだけに限った事ではないんだけれど。

 

「自分は絶対正しい。」が大前提な人ってちょいちょいいる。

 

私が前に所属していたフットサルチームでもいたし、こういう人はプライドが高くて我が強い人が多い気がするので結構厄介。

 

もちろん譲れない考え方があるっていうのは良い事だと思うし、プライドを持つことは良い事だと思う。

 

大事なのは必要のない時にそのプライドを捨てられるか。

 

結局、大事な時にもプライドを捨てられないから「オレは絶対正しい。」が前提になっちゃうんですかね。

 

別にチームメイトだったら私が我慢すれば良いだけの話だから良いんだけど、これがジュニアサッカー界の指導者にも結構いるからお腹が痛い。

 

娘が移籍する前に所属していたサッカーチームにいたパパコーチがそうでした。

 

まぁ見た目とか雰囲気とかから「この人仕事できそうだな。」って感じの人。

 

葉加瀬太郎みたいな髪型してて「サラリーマンなのにその髪型ってどんな仕事やねん。」と突っ込みたくなるお方。

 

サッカーは上手くて、子供達相手に一緒にゲームしてると1人でなんでもできちゃう。

 

ゲーム中、私の娘に「パス出してあげるからずっとゴール前で待ってていいよ~」と声を掛ける葉加瀬太郎

 

娘は言われたとおりにずっとゴール前で待ってる。

 

マジで意味が分からない、5人制のサッカーでゴール前でずっと待ってて良いなんて選手いる訳ない。

 

私が慌てて、「みんなで守ってみんなで攻めよう!」と言うとディフェンスに戻ろうとする娘。

 

すると、「ゴール前で待ってて良いって~」と葉加瀬太郎

 

私が葉加瀬太郎に「5人しかいないんだからみんなで守らないときついですよ。」というと、「大丈夫、大丈夫~。オレが守ってパス出すから~。」だって。

 

これは一例だけど、子供達のサッカーなのになんでも変に気を利かせてしゃしゃり出て先回りしてやってしまう。

 

そんな事ばかりやっていたら子供達の成長の芽をガンガン摘みとっている事になっているのに気付きもしない。

 

「自分は絶対正しい。」が大前提だから。

 

申し訳ないけどこの人の息子は完全な指示待ち人間となり大成しないだろう。

 

きっと指導者として勉強する事もなければ成長する事もない。

 

約二年ぶりに見ても全く変わってなかったし。

 

ちなみにこの葉加瀬太郎は3月2日に書いた「大誤審を見て思う事」で大誤審をした張本人。

 

試合後、抗議って訳でもなく「あれはルール上、止めないとダメですよ。」って指摘したけど最後まで自分の非を認めなかった。

 

仕方ないですよね、どんなに間違ってても「自分は絶対正しい。」が大前提な人だから。

 

今のチームの指導者も酷いけどこの人ほどは酷くないので移籍して本当に良かったです。

 

ジュニアサッカーの指導者は常に学び疑う事が大事なんじゃないかと思う。

 

それぞれ考え方があって良いと思うけど、「自分は絶対正しい。」前提の人はみっともないし成長もしないし相手にすると本当に疲れる。

 

サッカーの指導者って経験を積めば積むほど、勉強をすればするほどどんどん頑固になっていく気がする。

 

そんな中でも、色んな情報を選んで取り入れ、疑っては捨てていきたい。

 

葉加瀬太郎のようにならないように。←本人に失礼

 

反面教師にして頑張っていきたいと思う。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村