間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

運動会くらいがちょうど良い

この前の土曜日は娘の運動会でした。

外から見ていて思ったけど、子供のサッカー見る時もこれ位のスタンスがちょうど良いのかなぁと。

運動会の観客スペースって少し子供達から離れてるし、相当大きな声を出さないと子供には聞こえない。

実際、聞いてるとたまーに「頑張れー!」って言ってるお母さんがいるくらい。

これが子供のサッカー観戦になると、「シュート!」とか「何やってんのよ!」とか酷い言葉に変わってしまう人が多い。

なんでなんだろう?

やっぱり子供との距離が近いから声出しちゃうのかな?

中学生になったりすると11人制になるのでもう観客の声なんてほとんど届かない。

でも小学生の時のサッカーは5人制だったり、8人製だったりするので子供との距離も近くつい声をかけてしまうという事なんじゃないかな。

サッカー自体が難しく、あーだこーだ言いたくなるってのもあるんだろうけど。

しかもゲームとゲームの間に自分の子供にあーだこーだ言う事もできるし。

運動会だったら先生に任せてるのでそんな事はできない。

だからきっと運動会くらいの時のスタンスが親にとってちょうど良いんだと思う。

小学生の年代ってサッカーを続けていく上で1番大切な時期。

それなのに親があーだこーだ言っちゃって子供の才能を潰していく。

「ドリブル、ドリブル!シュート!」
って言った時点で子供が自分で作る判断機会を奪った事になるし、そんなサイドコーチングばかりしてたら完璧な支持待ち人間になります。

子供のプレーに文句ばかり言っていたら自己肯定感が持てない人に育ち自分に自信もないしチャレンジもしない人になる。

だからって放っておけば良いって訳でもないから難しいんだけど。

ついあーだこーだ言いたくなる気持ちもわかるけど余計な事を言いそうになったらとりあえず子供から離れましょう。

私もたまに言いたくなるので、そんな時は落ち着くまでとりあえず運動会の観客スペースくらい子供から離れようと思います笑


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村