間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

エースの親はさぞかし心地良いんだろう

どこのジュニアサッカーのチームにも1人はいるだろう、そのチームでドリブルで抜きまくって点取りまくるエースの子。

 

やっぱり自分の子にもあんなふうになって欲しいっていう気持ちはあるし、憧れちゃいますよね。

 

ただ子供達のサッカー人生は小校生で終わりじゃないし、焦ってはダメだと思うんです。

 

小学校の時エースで「そこがサッカー人生でピークでした。」なんて子はたくさんいるし。

 

子供達はそれぞれ成長のスピードも違うし、焦らない・比べないが一番です。

 

私の場合、女の子だけの試合だと娘がエース級の活躍をするのでエースの子の親の気持ちが少しわかる。

 

やっぱり自分の子供は大活躍してるのは観てて気持ち良いです、普段我慢してるから余計に。

 

でもそこで気持ち良くなってハイテンションになったのを変に周りに伝えてしまうのは良い迷惑だと思う。

 

こんな事がありました。

 

娘が所属しているチームで勝てばメダル確定となる試合。

 

エースの子の活躍もあり1点リードで前半終了したハーフタイムでエースの子の親がかなりハイテンションになっていました。

 

するとそのエースの子のお母さんが観ていたお母さん達に「私たちも円陣組みましょう!」って声を掛けだしてお母さん達で「絶対勝つぞー!おー!」って円陣。

 

私はベンチじゃなくてお母さん達と一緒に観ていたけど円陣には加わらなかった。

 

だってうちの娘、その日1秒も試合出てないもん。

 

娘出てない試合なんか観てても面白くないし、円陣なんか組みたくない。

 

コーチだから応援はするけどさ。

 

勝手にハイテンションになられてますが試合に出てない親の気持ちを考えた事あるんですか?って聞きたい。

 

私がひねくれているだけかも知れないけど円陣なんて組みたくないお母さんいたと思う。

 

あんたは良いよ、自分の子供が試合に出て活躍してるもんね。

 

でも試合に出れてない親は聖人君子でもない限り、100%チームの応援なんてできない。

 

みんな自分の子供が観たいんだよ。

 

だから観に来てる、「たぶん今日は出れないんだろうな。」って思いながら。

 

こういう親を反面教師にしながら、出れてない子の親の気持ちも考えて行動できる父親でいたいなと思う出来事でした。

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村