間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

子供は小さい大人じゃありません

先日、ジュニアサッカーでのオーバーワークについて書きました。

しかし思わぬ所に落とし穴が・・・

昨日、私が帰ってご飯を食べると
「パパ、足が痛い。」
と娘が言ってきたので足の裏を見てみると腫れてはいないけどちょっと色が変わっている。

話を聞いてみるとGW明けからほぼ毎日のように運動会の練習をしているとの事。

しかも娘はリレーの選手なのでリレーの練習も毎日のように体育館でやっているんだそうです。

子供の足はまだ成長中で土踏まずがまだ形成されていないので走り過ぎると足のその他の部分が痛くなる事がある。

成長中の一種でかかとの痛みがよく知られてますよね。

私も子供の頃痛かったし、ちょっと前娘もかかとが痛いと言っていたのでサッカー用のインソールを買って使ってみたら痛みは引いたみたいで安心していたのに。。

どんな練習しているのかもわからないけど子供の足が痛くなるまで練習するなんて明らかにオーバーワーク。

しかも体育館なんて1番足に悪いよ、きっと薄っぺらい体育館履か上履きで走るんだろうし。

サッカーのオーバーワークはコントロールできるけど学校の練習はコントロールできない。

きっと文句言ったらモンスター扱いだろうし。

というか学校という教育の場で明らかなオーバーワークを子供にさせて良いの?

そういう知識持った人がいないのか甚だ疑問に思う。

一応、湿布貼ってテーピングしてあげたけどあまりに痛くなるようなら休ませないとな。

運動会が今週の土曜日なのでこれ以上痛くなることなく治ってくれたら良いけど。

子供は小さい大人じゃありません。

そんな事すら知らないダメな大人達が子供の才能を潰していく。

運動会が終われば練習もなくなるけど、学校でもこんなんじゃ何とも言えない気分になります。

どうしたら良いんだ。。


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村