間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

娘とサッカーをしている理由

なんか記事が一個しかないって寂しいなって思って頑張って書いてみました。

さて、娘とサッカーをやる理由なのですが・・・

はい、ぶっちゃけ私が誘導しました。。

1歳半くらいの頃から公園で遊ぶようになって
「何か一緒に遊べるものないかなー
あっ、サッカーならオレも楽しく遊べるじゃん!
よしっ、ボール買ってこよ。」
って感じで公園に遊びに行く時には必ずボールを持っていくようになりました。

1歳半で確かドリブルとシュートはしてたと思います。

ドリブルは方向変えられないし止まれないので公園の端っこまで行ってフェンスにぶつかってたけど。

最初は5分くらいですぐ飽きて砂場とかで遊んでたなぁ。

家の中でちょびっとサッカーしたり、4歳頃に
「週に1回くらいパパと練習する?」
と娘に聞くと
「うん」
と答えたので仕事終わった後、1時間くらい練習したり。

そして5歳の夏に
「近くにチームあるけど行ってみる?」
と娘に聞くと
「うん」
と答えたのでチームに入り今に至ります。

誘導はしたけど無理矢理やらせた事はなく、「やりたくない」と言われれば諦めるつもりでした。

お陰で今はサッカー大好きだし、サッカー好きな親としては一緒に楽しめて本当に楽しい日々を過ごしています。

個人的にサッカーは世界で1番楽しい遊びだと思っていますし、それをやらないのはもったいないでしょ!と思っています。

それにサッカーって自由だし正解もないので自分で考えて自分で行動に移していかないといけない。

それって勉強もそうだし仕事も恋愛もそうだし、人生そのものなんじゃないかと。

指示待ちの人生なんかつまらないでしょ。

それに野球のように1回失敗しただけでイップスになって急に投げられなくなるなんて事はない。
(野球をディスってる訳ではありません。実は元野球部です。)

足でボールを扱うから失敗して当たり前。

どんな失敗にも負けずに自分で考えて素晴らしい未来を切り開ける、そんな子になって欲しいなって思いで一緒にサッカーをやっています。

もちろんサッカー選手として成功して欲しい。

「パパ、オリンピックとワールドカップの金メダル見たいから取ってきて?
あとバロンドールも見たいから取ってきて?」
と娘に言ってあります。

「うん、わかった。」
だって。
頼もしい笑

サッカー選手として成功して欲しいけどそれが全てじゃない。

これから続いてく長い人生の中でサッカーを楽しむ事で様々な人と出会い、様々な経験をして豊かな人生を歩んで欲しい。

それだけの力がサッカーにはあると思っています。

おっと、ついつい熱くなりすぎて長文になってしまった。。

そんなこんなでこれからも娘とサッカーを楽しめればと思っています。