間違いだらけの大人と戦う小学生女子サッカーパパコーチのひとりごと

5歳からサッカーを始めた娘の為に指導者としても日々勉強中 。 C級指導者ライセンスも取得しました。(体験ブログあり) 間違った大人だらけの環境でなでしこ目指して男の子の中で頑張っている娘とパパの日々を書いていきたいと思っています。

娘と私の秘密のサイン~グッジョブサイン~

娘のサッカーを応援すること早3年半。

 

自分なりに指導法を学んで実践して失敗しては反省して実践して。

 

最近は最初の頃ほどイラつかなくなったしイライラしてもその感情をそのまま娘に伝える事は全くといっていいほどなくなりました。

 

これが良いのかはわからないけどめっちゃ言いたい事があった時、泣く演技をわざとらしくしながら伝える。 

 

「なーんであそこでダッシュしてくれないんだよぉ~あぁーん涙。パパ泣いちゃうよぉ~あぁーん涙」

 

文字で書くとすごく気持ち悪いけど面白おかしく言いたい事を伝えると娘も笑顔で「パパわかったよ笑。次頑張ってみる。」と返してくれる。

 

これは私なりのやり方だけど今までこんな伝え方を勧めている指導者の方はいないのでもしかしたらある意味最先端なのかも知れません。(ホントか?)

 

そんか娘と私の間には1つの秘密のサインがあるんです。

 

それがグッジョブサイン。

 


f:id:YSPP:20180119074725j:image

 

まぁ、練習中や試合中の良かった時に使う私と娘の秘密のサインなんだけど。

 

すっごく良かった時だけに出すサインなんです。  

 

「おい!最高だぜ!ちょー最高!パパめちゃくちゃ嬉しいぜー!ひょーい!!」って気持ちの時にだけ出す秘密のサインがグッジョブサイン。

 

普通に良いプレーだったら「ナイス!」って言えば伝わるけど「おい!最高だぜ!ちょー最高!パパめちゃくちゃ嬉しいぜー!ひょーい!!」って言いたい時にそのまま言葉にしたらめっちゃ恥ずかしいじゃないですか笑

 

だからそんな最上級の賛辞としてグッジョブサインを秘密のサインにしているんです。

 

傍からみたら私がグッジョブをして娘が笑顔で頷くだけなので親子の微笑ましいやり取りに見えるのかも知れません。

 

でも裏では「おい!最高だぜ!ちょー最高!パパめちゃくちゃ嬉しいぜー!ひょーい!!」っていう私と「やった!私できたよ!パパも褒めてくれた!やったぜ!ひょーい!!」っていう娘のやり取りがある訳です。

 

後は「ここは頑張れ!」って時に勇気づける為に出す事もあります。

 

そんな娘と私の秘密のサイン。

 

効果がどれくらいあるのかはわかりませんがこれからもたくさんのグッジョブサインを出して娘を勇気づけたいなと思う父ちゃんなのでした。

 

その時は長く感じるけど過ぎ去ってしまえばホント一瞬だったなと感じますよね。

 

きって娘のすぐそばで応援できるのも小学生のうちだけ。

 

あと3年しかない。

 

しかも6年生からJ下部のチームに入る予定なのでそうだったらあと2年。

 

私のグッジョブサインが届かなくなるその日まで。

 

娘の唯一で頼もしい最強のサポーターとしてそばにいたいなと思う。

 

応援してるよ。

 

明日からもグッジョブ!!

 


f:id:YSPP:20180119074725j:image

 

末本亮太さんのススメ

さて、以前に池上さんや中野さん久保田さんを紹介してきたんですけれども。

 

いつか紹介しようと思っていたのにいつの間にかあれよあれよと別の記事に押され紹介が遅れてしまいましたが私が尊敬している指導者の方は他にもいまして。

 

Twitterでフォローしている末本亮太さんを紹介します。

 

ちなみに紹介する順番が早いとか遅いとかあるけど尊敬する度合いには全く比例しませんのでその辺はご了承を。。

 

皆さんを本当に尊敬しているしいつも学ばせてもらっています。

 

今日オススメするのは末本亮太さん。

 


f:id:YSPP:20180117185202j:image

 

大豆戸FCというチームのコーチで日々子供達との接し方を考え実践している素晴らしい指導者の方です。

 

Twitterを見ていてもサッカーだけに留まらず話題のツイートや名言なツイートをこまめにリツイートしています。

 

サッカーだけではなくて視野を広くTwitterをしてくれているので私てしては「おぉ、こんなツイートもあるんだな。」とか「誰だか知らないけど深い言葉だなー。」なんて重ったりしてすごく勉強になるし、1人の人間とし学ぶべき知識があってとても末本さんのTwitterは為になるし楽しみにしています。

 

そんな末本さんのアカウントはこちら。  

 

 

 

末本さんはサッカーだけではなくて色んなスポーツだったり話題のツイートをリツイートしたりと幅広いので幅広い情報を得られるのでありがたいです。

 

そんな末本さんが代表を務める(たぶん)大豆戸FCがサカイクでも紹介されたことがありました。

 

その記事がこちら。

 

www.sakaiku.jp

 

www.sakaiku.jp

 

本当に私の娘に所属させたい素晴らしいチームですね。

 

厳しく指導するのが良いんだとかなるべく長く練習した方が上手くなるんだとか考えてる学ぼうともしない頭ガチガチな大人達が多い中で本当に子供達の事を考えて接しているのが伝わってくるし、この記事を読んでもらえれば末本さんについての説明は要らないんじゃないかと思います。

 

末本さんの大豆戸FCといい久保田さんのスエルテといい神奈川県って本当にうらやましいです。

 

私の地域には強豪とされるチームはあってもこうやって外に情報を発信していけるような指導者ってなかなかいない。

 

その中でも良さげなチームは近くに見つけたから娘にそっちのチームに入って欲しいんだけどな。。

 

まぁ私がクソジジイヘッドコーチにブチきれて喧嘩別れになったら移籍しよう。。

 

でも娘の為に我慢するけど。

 

下の子がサッカーやるとなったらそのチームに入れる予定です。

 

もちろん末本さんだけではなく他にも色んな素晴らしい指導者の方がTwitterをやっていて色んな情報を発信してるんだけど私一人では全て見切れないしどんどんマニアックな方に走る人も出てくるので。

 

そんな色んな指導者の方々の有益な情報を掻い摘んでリツイートしてくれる末本さんは私にとってとても助かる存在だし憧れの指導者のうちの1人なのであります。

 

Twitterをやられている方は是非フォローしてみてはいかがでしょうか。

 

 

サッカー4級審判員実技更新講習会を受けてきたハナシ

昨日も書いたけど日曜日はサッカー4級審判の更新で実技をしてきました。

 

f:id:YSPP:20180117083741p:plain

 

フットサルの4級は今は失効したけどフットサルの審判資格もサッカーの審判資格もほとんどeラーニングで済ませてきたので実技講習会は久しぶり。

 

何年か前にフットサルで実技を受けて審判資格を更新したけどインストラクターさんにけちょんけちょんに言われたっけな。。

 

あとはFリーグを観戦すれば審判資格更新というのもあったけど仕事中に漫喫で1時間ちょいでできる(おい)eラーニングが一番気楽で良いですね。

 

今回は4年生から都道府県の8人制の試合があって、そこで審判をするには実技講習で資格を更新しないとダメって事で仕方なく参加。

 

初めての参加で右も左もわからなかったけど現地に着くとU-11の8人制サッカーの大会が行われていました。

 

そして審判を担当する試合が書いてあるスケジュール表をもらいます。

 

勝手に午前中ちょろっと講義受けてお昼挟んで実技ちょろっとやって終わりかなーなんて考えてたけど、そこで行われている大会の試合を1試合審判してその後インストラクターさんと反省会をして終わりといった流れでした。

 

1試合目は9時半からで1試合目の人はすぐに審判して反省会して終わり。

 

最後の試合の担当になった人は14時半の試合の審判して反省会して終わり。

 

これだけ時間帯に開きがあるのに全員9時集合。

 

9時に集合したって14時半まで試合がない人は明らかにかわいそうですよね。。

 

事前に試合時間教えて集合時間変えるとかもう少し何とかならないもんなんですかね。。

 

私は運が良い方で11時からの試合だったので1時間前のの10時に担当審判同士で打ち合わせをして試合を待ちます。

 

またまた運よく第2審を担当するよう最初にもらったスケジュール表で割り当てられてました。

 

主審じゃなくて本当に良かった。。

 

 私、フットサルの審判としては(自分で書くのもなんだけど。。)結構上手く審判をできるのですが。

 

8人制となると片手で数えられるくらいしかやった事がありません。

 

審判の本質はフットサルでも8人制でも11人制でも変わらないとは思うのですが、今までは全く意識してこなかったオフサイドという概念が加わる事で本来のジャッジがすごく難しくなるんですよね。。

 

線審よりも主審の方がどちらかというと合ってるかも知れないけど主審も1回しかやった事ないので不安だらけだし。

 

そんなこんなで割り当てられた第2審を担当するもしょっぱなからミスります。

 

知らなかったんだけど1審がベンチ側で2審が逆側だと知らずに2審の私はベンチ側の線審をしてしまいました。

 

まぁ、1審の人も知らずにやってたんですけどね。

 

「とりあえず慣れることからだべ!」と思い、オフサイドラインをしっかり見る事とどっちボールなのかを意識してジャッジしました。

 

ファールはそこまで見れなかったかな。

 

少しずつ慣れて良いジャッジができるようになりたいものです。

 

15分ハーフの試合が終わり、冬なのに結構な汗。

 

線審がこんなに汗かくんだから主審は大変なんだろうなと思っていたら主審の人は汗だくで50代の方だったので「完全に後半はバテました。。」との事でした。

 

主審はめっちゃ走って大変なんだろうな~と思ったけど体力には自信があるので早めに慣れて主審をガンガンやりたいなぁなんて思ったりして。

 

さて、試合後の反省会になりやっぱり主審の人への指摘が多かったです。

 

割りと粗めの試合だったのでファールをたくさん取っていたのですが流してしまったのも何個かあって、「ファールの基準がわからない。」という指摘でした。

 

主審を担当した方もその辺は認識していてたし、私もファールはほぼ意識して見れなかったので線審としては反省。

 

そして線審の指摘になった時に私が色々と言われるも「あれ?それ私じゃないですよ?」というやり取りが続き、インストラクターさんが「1審と2審の位置が逆ですね。」と気付きます。

 

結局、私への指摘はなし。

 

オフサイドラインを気にし過ぎると他のプレーが見れなくなるからもう少し視野を広くして俯瞰して全体を見れるようになれると良いですねとアドバイスを頂きましたが。

 

でも担当するサイドを間違えたもんだから逆だとわかっていても名前が逆だと認識しているインストラクターさんは「〇〇さん(私の名前)はこの時、手を挙げましたけどなんで下げたんですか?」とか私ではない人に私の名前で聞いていて「完全に頭の中ごっちゃになってるー!本当にすみません!」って思ってました。

 

そんなこんなで初の実技講習会は結果的に線審のポジションミス以外はミスはなく終わりました。

 

指導者実践の時もそうだし今回の実技講習会でも自分が頑張ってる姿をインストラクターさんにジロジロ観察されあーだこーだ言われるのは結構辛いものです。

 

ポジションはミスしたけどそれ以外は指摘がなかったのでこれからも主審や線審をたくさん経験して子供達を守っていきたいなと思った1日でした。

 

こんな記事、興味もないお母さんがもしかしたらいるのかも知れないけど。

 

「審判してるんだから感謝してよ!」って気持ちはないけど、ルールをなるべく理解して審判には文句は言わないというのを徹底して欲しいですね。

 

でも審判のレベルも日本のジュニアサッカーではかなり低いので文句も言いたくなるんでしょうけと。

 

文句言ってる時点で同じ穴のムジナ。

 

今回審判しててもベンチの子供達が審判に文句言ってるのか聞こえました。

 

トレセン同士の試合がだったのでサッカーが上手い子が集まってるはずなのに審判に文句言う子ばかりなチームがありました。

 

そういう子供達も同じ穴のムジナ。

 

全てのレベルがまだまだ低いので卵が先か鶏が先かみたいな話しになっちゃうんだけどさ。

 

それぞれの立場の人がそれぞれリスペクトし合って良い方向に進むのが一番の近道じゃないのかなって思うんですよね。

 

 まぁ、私は指導者としても親としても審判としても最強の父ちゃんを目指します。

 

全ては娘の為に。

 

娘の遠征に行けなかった父ちゃんの気持ち

日曜日、娘は6人制のミニサッカー大会への遠征、私は審判資格更新の為の実技講習会でした。

 

私にとって娘が試合で頑張ってる姿を見るのが何よりの楽しみ。

 

イライラする事もまだたくさんあるんだけど結果を残した時にはとても嬉しくなるので今回は仕方がないけど娘のプレーを見れないというのは本当に残念です。

 

f:id:YSPP:20180116083254j:plain

 

でもまぁこんな日もたまにはあって良いのかなとも思う。

 

見てるとあーだこーだ言いたくなるし。。

 

結局うるさくない程度に伝えちゃうし。。

 

娘も言われなくて済むし私もイラつかなくて済むのでたまにはこんな日があった方が良いんじゃないかな。

 

嫁さんがこの遠征の当番だったので1試合目が終わったらへんの時間にLINEで「娘どう?」とか結局気になって聞いてしまう私。。

 

「止められたけど良いのあったよ。」と妻から返信があり、1人で舞い上がってしまいました。

 

「またなんか良いプレーあったら教えて。」と妻にLINEし返信を待つも夕方まで返信はなし。

 

待ちきれずに「その後は活躍しなかったか~」と妻にLINEするも返信はしばらくなし。

 

ここまでLINEする私ちょっとうざいですかね苦笑

 

だって気になるんだもん。。

 

するとようやく返信があり「結局1ゴール1アシストだったよ。」と返信があり「それなら早く連絡せんかい!」と思ったけど本当に嬉しく思いました。

 

帰ってきた娘にも様子を聞きました。

 

たまに「今日のプレーは何点だった?」って娘に聞くんだけど娘は割と自分のプレーを冷静に評価できて私の評価とそれほど変わらない点数をつける。

 

この日も「今日のプレー何点だった?」と聞くと「うーん、80点くらい?」と娘。

 

1ゴール1アシストという結果と娘の評価点を聞けばこの日割と活躍したんだなという事が想像できて父ちゃんはとても嬉しくなったのであります。

 

そして「パパちょいちょいうるさいから、たまにはいない方が良いでしょ?」と聞くと「うーん、でもなるべくなら見てもらいたかった。」と娘。

 

そんな娘の言葉を聞き、嬉しさのあまりついついお酒が進んでしまう父ちゃんなのでした。

 

ちょいちょい娘にはアドバイスしてるけど、それが重荷になったりうるさいとは感じてなかったんだなと再確認できました。

 

10個言いたいことがあったら我慢して1・2個くらいに抑えて感情的にはならずに伝えてる甲斐がありました。

 

私だってできる事ならすべての娘の試合が見たい。

 

色々用事があっていけない時もあるけどできる事なら娘が試合でプレーする姿を見て一緒にサッカーを楽しめたらなと強く思った日曜日でした。

 

娘にジワジワ越されていく父ちゃん

土曜日は娘のサッカーチームの練習。

 

クソジジイヘッドコーチがいなかったので私としては気分が軽めでした。

 

f:id:YSPP:20180115091707j:plain

 

最近の練習のテーマの一つに「オープントラップ」というのがあります。

 

ネットで検索したら全然引っかからなかったから古い呼び方で今は他に呼び方あるのかな?

 

体を開いて相手から遠い方の足でトラップするという技術。

 

プロはもちろん、J下部なんかのチームだと主にビルドアップの時なんかは徹底して逆足でトラップしてます。

 

あと逆足でトラップして前に進み自分についてるマーカーを剥がす事ができるので是非ともマスターして欲しいんだけどまだまだ利き足でトラップしてしまいます。

 

できるようになるのかな。。

 

まぁ気長にできるようになるのを待つことにします。

 

練習最後のゲームは右→左→バックと3つのポジションをやりました。

 

まだ5人制だけど娘はどこのポジションでもできるようになって父ちゃんは誇らしいのであります。

 

あっキーパーだけは大嫌いでやりたがりません。

 

なんで父親がキーパーなのにキーパー嫌いになるんだ。。

 

娘には常々言ってる事があるんだけどその中の一つは「1対1で絶対に負けるな。」という事。

 

前も書いたけど、私感覚派なので上手く教えられず「1対1で抜かれたら負け、着いていけたら引き分け、ボールを奪ったら勝ち。」で1日を通して勝った回数が多いようにしようと常々伝えてます。

 

ちょっと前までの娘は簡単に抜かれる事がめちゃくちゃ多く、見ている私も結構イライラしていました。

 

でも最近の娘は抜かれる事は1日を通してすごく少なくなってきたし、この日はエースの子2人との1対1で抜かれる事は1回もなかった。

 

でも着いていくだけで「ボールを奪う」という事がまだまだできない。

 

 

結局娘が着いていって邪魔をするから相手は誰かにパスするかタッチラインを出るか。

 

つまり引き分けがめちゃくちゃ多いんです。

 

まぁ、抜かれるよりは100倍良いんだけど次のステップとして「ボールを奪う」事を意識できるようになって欲しいですね。

 

私キーパーなので体を入れてボールを奪うって感覚あんまり持てないんだよな。。

 

その辺は娘と一緒に頑張っていこうと思います。

 

最近の娘を見てて思うのが「明らかにオレより上手いよな。。」って技術が少しずつ多くなってきたって事。

 

リフティングなんかはこの日最高記録を記録して39回。

 

ボールをダービースターにしたらいきなり倍の回数になったんだけどそれも関係してるのかな?

 

私、たぶん最高記録18回くらい。。

 

しかも私はほぼ利き足だけだけど、娘は右左交互にやってその回数。。

 

もうリフティングに関しては引き離されていく一方なんだろうな。。

 

良いんだよ!元野球部だし!リフティング要らない派だし!ふんっ!

 

あと娘は得意としてるフェイントが一つあってドリブル突破の時は大体そのフェイントを使ってる。

 

そのフェイントも私ドリブル中にできないし。。

 

でも私にはフィジカルという大人の武器があるのでまだまだ娘に負ける気はありません。

 

小3相手に武器がフィジカルってどうなん?って気もしますが。。

 

まぁ、こんなしょぼい父ちゃん楽勝で超えていって欲しいですけど今のところ娘が中学生のうちまでは負ける気はありません。

 

そんなこんなで土曜日は楽しく娘とサッカーできたんじゃないかなと思います。

 

毎回、こんな感じで練習できれば余計なストレスなしでやれるのにな。

 

来週の練習試合もOBコーチが誰もいなくてパパコーチだけだからめっちゃ楽しみ。

 

本来大人も子供もサッカーの練習だったり試合だったりが楽しみで仕方ないはずなのに勝手にギスギスした雰囲気にする間違った大人ばっかり。

 

今のところ娘は毎回楽しみにしてるけど私もそんな気持ちを毎回持って活動したいところですが。。

 

今の環境では無理なので高望みはしません。

 

娘が守れれば。

 

でも毎回楽しみたいなぁ。。

 

しつこいようだけど久保田大介さんの記事を拡散希望です

先日、久保田大介さんの記事を紹介したけど自身のTwitterでも紹介しています。

 

日本中の親や指導者に見て欲しいのにリツイートは150くらい。

 

いいねも250くらい。

 

私のブログなんてどうでもいいからTwitterFacebookをやっている人は拡散してくれたら嬉しいです。

 

日本を変えましょうよマジで。

 

切にお願いします。

 

久保田大介さんのTwitterはこちら。

 

 

本当に本当にお願いします。

 

 

サッカーC級コーチ養成講習会のブログを書いてみて思うこと~私のブログでたぶん1番読まれている記事~

はてなブログアクセス解析を見るとどこから皆さんが来たのかがわかるんです。

 

ほとんどがGoogleの検索かYahooの検索でごく一部が未だにアメブロから来てくれています。

 

誰だろ?本当にありがたいです。

 

女性だったから100円のお皿限定(180円はNG)でスシローをおごってあげたい気分です。

 

男性なら感謝の言葉のみにしておきます。

 

私も数人は未だにアメブロの方のブログは見てます。

 

相思相愛であります様に。←遠い目

 

そしてGoogleとYahooから来た人はどんな検索で引っかかって来てくれてどの記事に最初にアクセスしたのかがわかります。

 

1番多いのはブログトップ。

 

検索してまで来てくれるなんて本当に嬉しいです。

 

嬉しくて1歩歩く度にオナラが出ちゃいます。

 

どんな体やねん!というツッコミは置いておいて。。

 

そして2番目に多いのがこちらの記事。

 

 

yspp.hatenablog.com

 

 

結構な割合を占めているのにびっくりします。

 

しかもGoogleで「サッカー   C級」と検索するとなんと3番目に出てきます。

 

1番目と2番目は日本サッカー協会のページですよ。。

 

こちら1番目と2番目。

 


f:id:YSPP:20180111183822j:image

 

そして3番目の私。

 


f:id:YSPP:20180111183857j:image

 

日本サッカー協会日本サッカー協会→私って順番すごくないですか( °Д°)

 

それだけたくさんの方に読んで頂いているという事なんですかね。

 

本当に光栄な事です。

 

私がブログを始めたきっかけの1つに「C級コーチライセンス取ろうか迷ってる人が勇気を持って行けるように不安を取り除いてあげたいな。」っていう気持ちがあったので。

 

事実、サッカー未経験者でも取れます。

 

少しは体動かせないとダメだけど。

 

私自身、「C級取りに行こうかな。」と考えだした頃、不安でめちゃくちゃ検索しまくったし、そんな人達のお役に立てたら良いなと思っていたのでC級関連のブログがたくさん検索でされて読まれているというのは本当に嬉しいです。

 

そして私のブログを見て安心してC級を取得した人がもしいたとしたらなんて考えるとすごくワクワクするんです。

 

遠足の前の日ワクワクし過ぎて寝れなかった子供の頃のようにワクワクします。

 

 C級取ってくれた人いるのかな。

 

いたら良いな。

 

いたとしたら日本のジュニアサッカー界の為に少しでも役に立ったって事だもんね。

 

こんなに光栄な事はないです。

 

ただC級取ったからってそれで終わりじゃないです。

 

しかも私自身、日本サッカー協会にたくさん不満があるので「みんなC級を絶対取ろう!」なんて事は思ってない。

 

でもコーチの入口として取るのは全然ありだと思います。

 

D級のしょぼい教本と2日だけで終わる講習うけるくらいならちょっと頑張ってC級取った方が絶対良いです。

 

むしろ自分でコーチングの色んな本とか読んでないなら尚更取らないとダメだと思います。

 

そして取ってからも満足することなく学んでいって欲しいですね。

 

私自身も「えっ?そうなの?」みたいなことまだまだあるし。

 

掃除と一緒でコーチの勉強って終わりがないから焦らず急がず続けていければと思います。

 

私のブログを見てC級取った人がもしいたら、一緒に頑張っていきましょう!と伝えたいです。

 

コメント欄とか設ければコメントのやり取りとかできるんだけどな。。

 

以前にも書いたけどネットにはアホな輩がたくさんいてそんなやつと絡みたくないのでコメントは受け付けません。

 

大丈夫、心と心が繋がってるから。←遠い目

 

私のブログがどれだけ役に立っているかはわからないけど、日本のジュニアサッカー界にとって少しでも役に立っていれば嬉しいなと父ちゃんは思うのでした。

 

そして暇つぶしでも良いから間違いだらけの大人と戦い続ける娘と私の日常を見て頂けば幸いです。